WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  218

アニメ【NARUTO】感想

■291話「友よ」 2008年8月14日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/濁川敦 演出/濁川敦 作画監督/徳田夢之介

アニメ・オリジナル・ストーリー完結。

結局フリドはアスマにとどめをさされ、
ソラはナルトに救われる、という予想通りの着地。

ソラが風のチャクラ性質だというので八尾かなぁ…と思ったのですが、結局原作に影響がない様に尾獣そのものではなく九尾もどきにするとは(^^;)。

ナルトが九尾化した時がそうだったように、尾獣のチャクラが漏れ出るのは負の心が引き金となっている様です。我愛羅が守鶴を出した時も負エネルギーに傾いた時でしたし。

●久々にサイ、キターーー!!!やはり病院から抜け出た人物はサイでした。
利き腕が負傷しても絵はちゃんと描ける、さすが根の者(そうか?)。
「今週のサイ」復活させたい(笑)

●玉は「動かす」ものではなく「繋げていく」もの。だから、玉の答えは「木ノ葉の意思を継ぐ子ども達」です。

●結構あっけなく散ったフリド。

●全身火傷のソラよりも、ナルトの方が重傷なのが痛々しい。

●このアニメ・オリジナルでアスマの株が私の中で急上昇!
その後、本編でアスマがどうなるか分かっているだけに、今回沢山活躍のシーンがあって良かったです♪

●尋問を受けているダンゾウはどうなったの?

●最大の落胆、おまけコーナーの打ち切り?!


ともあれ、今回のアニメ・オリジナル・ストーリーは本編へうまく繋げたと思います。
残念なのは、フリドをもっと掘り下げて欲しかったという事。
時間の制約があるのだとは思いますが、丁寧に作ればあと2話くらいは行けていたと思うし、原作のストック増やす事を考えれば一石二鳥だと思うのですけれどね。
フリドがソラの実父・カズマだという事はよく分かったけれど、母が不在だったという事も気になります。その辺と、ソラの今後を決心するまでの説明があっても良かった。

ソラが火ノ寺にも木ノ葉の里にも居る事ができないのは本編との繋がり上、難しいのは分かっているし、かといって見殺しにするのは視聴者のカタルシスが得られない。
ナルトが彼の境遇を分かった上で救う事は予定調和なので外せない。ならば世界を旅させる事が一番ストーリー的には落ち着くのでしょうね。

フリドの義というよりも、守護忍十二士の頃のカズマの義は今でもソラに残っているとアスマは言いたかったのでしょうね。「木ノ葉をより強くする」という遺志だけは、染みひとつない白い腰布の輝きの様に、これからもソラに残ると。
ソラはフリドに酷い仕打ちを受けていましたけれど、きっと画面で描かれていないところでその記憶は九尾のチャクラと一緒に消滅したと好意的にとらえる事にします(^^;)。

何にせよ、
今までの時間稼ぎのアニメ・オリジナル・ストーリーとは違って、よく練った話だったと思います。
ただ、
ソラがアスマに対して敵意を抱いたまま里を去る事にならなかったのは良いのですが、今回アスマの好漢ぶりが描けていただけに、アスマのその後を考えると…(泣)
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。