WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  214

アニメ【NARUTO】感想

■286話「黄泉がえる魂」2008年7月10日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/にいどめとしや 演出/阿野栄太郎 作画監督/Yoo,Hyo-sang 鈴木奈都子

今度のED、歌詞の意味なさそ…

私的におさらいの回でした。

アスマが言っていた、この騒ぎは大名を頂点としたい者の遺志を継ぐ者の仕業ではないか、とか、
ナルトがソラの痛みを知っている、だの、視聴者にしてみればいまさらですわ(^^;)。

●ゾンビの手抜きに苦笑いです。よく見ると同じポーズや反転したゾンビがウジャウジャ…
琥珀一族の中には美形はいなかったのかしら、白目を剥いた土色の無表情な顔ばかり。気になります(^^;)。その点雷遁四人衆は違う。

●イズモって上忍だよねぇ? ハブらないで、ちゃんと情報を教えてやって下さい。あ、おまけコーナーで言っていたれけれど、やっぱあれかイズモは『パシ…』(以下、気の毒なので省略)

●ソラがナルトに言っていたフリドの受け売り「玉が二つあるから争いが絶えない」って、フリド自身が争いを起こしているんじゃん。

●木ノ葉病院でサイが助言していた、人との上手な接し方「くんずほぐれず」を実行するナルト。馬乗りになったり、組み敷かれたり。その結果、ソラの痛みを分かった、って事は効果大なのね「くんずほぐれず」(クドイ)。すんません、ヨコシマな視線で見ていたのは私です(^^;)
人づきあいは経験からと思っていたのですが、たまには知識も役に立って良かったね>サイ

●↑サイがちっとも出て来なくてつまんないの~~~(boo ↓)

●「あらやだ、この間の彼との再会を楽しみにしていたのに…小娘ってキライ」とフエンの恨みモード全開に寒気がするサクラ。
ワタクシとしてはサイがオネェの毒牙に再びかからなくて良かったわい。

●分かったぞ!同じゾンビがいるのは、ゾンビも分身の術を使うからなんだ!!!(本当か?)5種類の分身ゾンビを見てそう思った。

●荒っぽい接し方しかできんのか、フリド?
フリドを探しに来たソラを逆バンジーでお出迎え(^^;)。

●おまけコーナーで分かった、イズモとコテツの役割。実態は秘書ではなくパシリ(あ、言っちゃった)。しかも今は門番…何と声を掛けたら良いのやら…

●前回書かなかったけれど、フリドが雷遁四人衆を蘇らせた術『死屍土壌』って
シシド ジョウ じゃん。

大蛇丸が三代目を襲った時の『穢土転生』と同じく、蘇った者は術者の命令を聞くようになっているようですね。
『穢土転生』が魂の入れ物として他人の体を使うのに対して、『死屍土壌』は当事者を使うというのが相違点の様です。
今まで何気なく見ていましたが、木ノ葉の里では土葬なんですね。
どちらの転生術も『土』が付くので土遁の様です。では、大蛇丸は土の属性を持っているのですね。
どちらも高等忍術だと思いますが、
蘇らす者の地位の違いと考えましたが、それだけではないのかも。
雷遁四人衆が亡くなったのが十数年前、初代と二代目はもっと前だから、死者の朽ちた程度とかも関係しているのかもしれません。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。