WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  203

アニメ【NARUTO】感想

■275話「疾風(かぜ)」2008年4月17日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/むらた雅彦 演出/むらた雅彦 作画監督/むらた雅彦 浅井聖子

ナルトが物分りが遅い(悪い?)お陰で、カカシの視聴者への丁寧な説明がナイスでございました(&時間稼ぎもね ^^;)。
影分身が本体にもたらす経験値の蓄積を、カカシとナルトの影分身で実体験。
それぞれの影分身が林の中で…→ウヒヒヒヒ。ナルトのロスト何とかはカカシに! え、違う? 残念~~~ ←あ、これ反転して読んだ方とのここだけの秘密って事でお願いします(笑)

コピー忍者と異名をとるカカシですが、血継限界だけはコピーできないのは遺伝的な事だからという事がはっきりしました。またもや薄幸の美少年・白再び(泣)。余談ですが、私が【NARUTO】に興味を持ったのは白が再不斬を庇って死んだシーンからだったからねぇ、そのいきさつが語られなかったら【NARUTO】の感想を書いてなんかいなかったかも(でも感銘を受けた途端に白はお亡くなりに…;)。白は少し前までゲームには登場していたので、人気あったんでしょうねえ。原作でもアニメでもちょくちょく出てくるもんね。亡くなるのが早すぎたのよ…おしいキャラを亡くしたもんだわ;

それにしても、【NARUTO】の術は奥深いです。印だって12支で組み合わせれば何通りもあるし、性質変化だって火・水・土・風・雷を基本に、上忍クラスならその中の二つ以上の性質変化を持ち、二つ同時に発生させる事によって新たな性質変化をもたらす事ができる。でもそれは代々受け継がれるものではなく、一代限りのものなのね。その新たな性質変化を生み出す力を血継限界というらしいけれど、いわば限られた一族にしか出ない遺伝的なものらしいけれど、奈良家の影真似や秋道家の倍化の術とはまた違うそうで、それは陰と陽が関係するとか。その辺りは今後語られる事があるのでしょうか。

二つの性質変化の説明に、

マジシャン・ヤマト登場! (いや、カリスマ庭師か?)

何故ヤマトが今回の修行に同行するのか。それは、多重影分身でかなりのチャクラをナルトが使う為、九尾のチャクラにまでそのエネルギーが及んで又九尾化して暴走をするのを抑える為だったんですね。大掛かりな修行の場を作る為といったらそれはそうなんだろうけれど、いざという時のナルトの暴走を抑える為でもあったのですね。天地橋での九尾の暴走を抑えた事を思い出せば納得ですね。

今回も原画から演出、絵コンテ、作画監督までむらたさんと浅井さんだけ(もうどんだけ少人数?!)。でも浅井さんの時はキャラが綺麗だから好き。冒頭のサクラの髪の色で浅井さんだと分ったわ~♪

今回からおまけのコーナーがなくなってしまった(サビシー)。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。