WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  201

アニメ【NARUTO】感想

「サスケ登場!感動のNARUTO疾風伝スペシャル」2008年3月20日放送
■271話「再会」
脚本/西園悟 絵コンテ/熊谷雅晃 演出/熊谷雅晃 作画監督/津熊健徳
■272話「うちはの力」
脚本/西園悟 絵コンテ/福田きよむ 演出/福田きよむ 作画監督/Eum,Ik-hyun

回想シーンは 作り手にとって都合の良い時間稼ぎだと思う(あ、某作品みたく総集編ばっかは論外ね)。
今回もそうですが、1時間スペシャルとかいって内容はあまり進まないのに放送時間を長くして次回はお休みするくらいなら、毎回30分きっちりと放映してくれーーーーーー!!!

そうは言っても、時間稼ぎの使い回しと視聴者に悟られてしまうか、それとも回想だと好意的あるいはごく自然に受け止められるかは匙加減で変わってしまう。
今回上手いなぁ(巧くも旨くもある)と感じたのは、
サスケがサイの緊縛の術(勝手に命名^^;)を破り、屋根をふっ飛ばして屋外が露出した後。
アジトの通路からナルトがサスケの居る場所へ飛び出した時の演出。
暗い通路から飛び出したナルトに徐々に明るい陽の光が照らします。
そしてその後は殆ど回想を交えてナルトとサスケの繋がりを丁寧に描いていくのですが(物は言いようだわね;)、二人が別れた終末の谷での激闘で、ナルトが螺旋丸を、サスケが千鳥を炸裂させ、大ハレーションを起こした後暗雲が立ち込め、陽の光はナルトの顔を照らしながらも徐々に範囲を狭め、遂には降り出した雨と同時に消えてしまいました。
それはナルトの必死の引き留めも空しく、サスケがナルトとの繋がりを断ち切った瞬間でした。それを光で表したのだと思います。
それが、今回やっとの思いでサスケの元まで辿り着き、サスケに一方的に断ち切られた繋がりをもう一度繋げられるかもしれないという可能性・希望=光明を文字通り明るい光を(つーかまばゆいばかりの)ナルトに当てる事によって表現したところは原作通りでも色が着いたアニメは本当に分かりやすかった!(どうせ使い回すのなら、これくらい巧妙にやったらいいよ、日登りさん)
サスケがこのアジトにいると望みを抱きながら探していたとはいえ、実際に会えた瞬間、サクラもナルトも声を失っていたのに対しサスケは冷静で、その冷静さは静かにゆらめく髪の演出で表していたと感じました。ウマいよ、ぴえろさん。

演出の感想はこれくらいにして―
サイの真意は何なのか、
敵なのか味方なのか最後まで分からなかったと思います。
サスケの攻撃を牽制する為に引き抜いたサイの刃を見て、サクラはまたしてもサイが自分達を裏切ったと感じた様ですが、絵本を完成させた時のサイが心から見せた笑顔を見たナルトは真っ向からは否定しなかったですね。
多分任務は絶対だと思いますが、その任務を守るよりも大事な何か、それがナルトとサスケとの繋がりを守る事だと信じ、それを優先したサイには一点の曇りもなかった。任務を優先させる事は大事だがそれよりも仲間を大切にしないのはクズ以下、というカカシの言葉を思い出しました。サイのこの行動はそれに通じる感じが私にはして、この瞬間、サイがやっとカカシ班の一員になったと思ったのは私だけでしょうか…
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。