WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  190

アニメ【NARUTO】感想

「戦いの刻(とき)来る!運命のNARUTO疾風伝スペシャル」2007年12月20日放送
■第260話「九尾解放!!」
■第261話「極秘任務スタート」
脚本/西園悟 絵コンテ/木村寛 熊谷雅晃 演出/木村寛 熊谷雅晃 作画監督/徳倉栄一 津熊健徳 金塚泰彦

アニメだと30分で原作2本分位進むのですが、今回1時間スペシャルで原作2本分。疾風伝に入って原作に追いつかないように丁寧に作っているのですが、たまにすごい時間稼ぎ的に進むのが遅くなるときもあったりします。でも今回は「ナルト、大蛇丸、見合って見合って」状態だけではなく、時折原作にはない内面描写もあり、いい作りとなっていました。

いつもながらこの回の感想というよりも(^^;)、そこから感じた事を書いています。

やっとできた繋がり。

ナルトとサスケ ― 天涯孤独のナルトと後に孤独にさせられたサスケ。
孤独の経緯は違っても、その共通点で理屈はともかく魂が共鳴しない筈はないのに、復讐の為、繋がりを絶ったサスケを大蛇丸の元へ向かわせたのは自分に力がないせいだと自己を苛むナルト。

本当は違うのにね…

サスケが、三代目を亡きものにした大蛇丸の後を追って里を抜けた事を止められなかったのは何もナルトの力不足の所為ではない。終末の谷でナルトがサスケの手足をへし折ってでも止めたところで、回復すればサスケはイタチを倒す為ならまた里を抜けただろうし。

イタチを討って復讐を果たした末にサスケに残るものは何なのだろう。
父母や一族の仇を取って満足感や達成感を得られても、そこから先は彼はどうするのだろう。
ただそれだけの為に生きてきたのなら、目標を達成した後の生きる目的を見いだせなければ生きる屍同然だと思う。
ナルトにはその事が本能で分っているのだと思う。
何故そこまでしてナルトがサスケに執着するのか(いやさ、BL視点で考えれば早いんだけれどね^^;)、それは、

ナルトにとってサスケは同胞 ― はらから ― だから。

木ノ葉の者は同じ里の者であるという『繋がり』だけで、さほど親しくなくても全力を尽くす。そう、サスケ奪還の時のシカマルの考えだ。

サスケは家族の繋がりがあったからこそ辛いのだとナルトに言いました。天涯孤独のナルトには分からないだろうと。
これは売り言葉に買い言葉で、ナルトとサスケのどちらが辛いかなんてこの場合さほど意味をなしていないと思う。言うなればこれがサスケがナルトへの三行半だったって訳で、そこまで言わなければ復讐を遂げられないから言ったまで。
そんなひどくナルトを傷つける言葉を吐いてまで、掟破りの里を抜けてまで、サスケは復讐を遂げたい。そしてそれをまだナルトには理解できない。

ナルトは里を裏切り三代目まで手にかけた大蛇丸が許せない。
そんな大蛇丸の元へ走ったサスケの態度が理解できない。そして、そんなナルトの心を逆なでするように、わざと挑発する大蛇丸の思惑通りに九尾化していくナルトは、心の叫びと負のエネルギーが共鳴し、増幅し、すさまじいまでの破壊力を持って大蛇丸へ牙を剥き、そのシーンはおぞましく、また悲しいです。
ナルトが九尾化するには怒りがキーポイントとなるようで、怒りの段階に応じて尾も増える。で、4本目以降のバーサス状態になるのには、九尾に掌握されて取り込まれる、そんな描き方をされていました。でもそれにはナルトは自分から入って行く必要がある。
ひとたび取り込まれてしまうと、ナルトには「倒したい」という気持ちだけが残留意志としてあるのだ、と納得の行った描写でした。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<アニメ【NARAUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

仇敵である大蛇丸の出現を受け、いきなり九尾の力を解放するナルト。その驚異的な力を目の当たりにしたヤマトはナルトの四本目の尾を見、命を落としかけたという自来也の話を思い出していた。ナルト自身の体をも蝕む九尾のチャクラを押さえ込む事こそヤマトに託された使命... …
2010-03-19 Fri 11:17 ぺろぺろキャンディー
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。