WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  179

アニメ【NARUTO】感想

■第248話「蘇る獣たち」2007年9月13日放送
脚本/西園悟 演出/福田きよむ 絵コンテ/福田きよむ 作画監督/Eum,Ik-Hyun

煮詰まってしまった場合どうするか、そんな思いで見ていたこの話。
自分と出会った時の能力をコピーして現れた敵。
まるで合わせ鏡と戦ってる様な感覚で、戦意を上げるにはいまひとつ。その昔、【ファイナルファンタジー】で自分のコピーと戦うという場面があって、攻撃したらそのまんまお返しされて死にました(^^;)。
こういうとき、持ち前の冷静さでネジが打開策を思いつきそうなものなんだけれど、気づいたのはリーだった!
相手は出会った時の能力をコピーしているだけだから、その時よりももっと強くなっていれば勝てる筈、と。
ま、理屈じゃそうだけれどね。
で、リーのいいところはそれを「理屈で終わらせない」ところなんだなぁ~~~。
(ところで、今回のガイ班の戦いってアニメオリジナルだったでしょ?うまく考えているよね♪
でも気づくのがネジで、班の皆の士気を高めるのがリーだった方が良かった気がしました)
血の滲むような修行を重ねてきたリーの言葉だから説得力があるこの言葉!
疲れてきていたガイ班のメンバーにやる気を起こさせる事に成功。そして見事敵を倒しました。

原作の行間と行間を埋める作業、上手かったと思いました。


スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第247話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

No.103 NARUTO 2007/09/30~10/06
NARUTO についての最近の情報です。 …
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。