WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  136

アニメ【NARUTO】感想

■223話「修業の成果」2007年2月22日放映
脚本/西園悟 絵コンテ/十文字景 演出/杉原由紀 作画監督/ウクレレ善似郎

疾風伝になってから、作画が綺麗ですね♪

下忍になりたての頃の第7班の鈴取り合戦とオーバーラップさせながら、お話は進みます。
原作では過去のシーンは1カットだけ挿入されていましたが、アニメではかなり挿入されていました。
過去のおさらいをさりげなく入れる為、また時間稼ぎでもありますが(^^;)、懐かしく感じながら観ました。サスケを出して来る所は(しかも2回も!)、ファンサービスと言ったところでしょうか。
原作でもかなりの躍動感を感じますが、さすがアニメは色が付いて、喋って動くだけあって、迫力が違います。サクラのバカ力はすごいです!

原作を読んで、この鈴取り合戦の結末は知っていますが、2年間の修行を終えて一回り体だけではなく大きく成長したと分かるナルト(とサクラ)に、下忍になりたての時の様なハラハラとした危なっかしさはなく、頼もしさでワクワクします。
と、昂揚感がある一方で、人柱力を持つ我愛羅を狙う暁のデイダラとサソリの不穏な動き。
あんな巨大な飛行物体に気付かない訳ないと思いますが、侵入しちゃってますね、デイダラ。
芸術はバクハツだ、ってふふ、偉大な芸術家をパクッて気取っています(^^;)。

ほぼ原作通りですが、前回221・222話同様、少し原作と前後したエピソードの順番は、221話のいきなりサスケ登場同様、何か意図するものがあるのか興味があります。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | 竹宮惠子氏原作【地球へ・・・】アニメ化>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。