WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  123

アニメ【NARUTO】感想

寒い冬こそHOTに戦う!年内最後の大暴れだってばよスペシャル
■214話「取り戻した現実」
脚本/吉田伸 絵コンテ/濁川敦 演出/濁川敦 作画監督/Kim Dae-Hoon

■215話「消し去りたい過去」
脚本/吉田伸 絵コンテ/にいどめとしや 演出/木下ゆうき 演出助手/おおくまネコ。 作画監督/ウクレレ善似郎

メンマ編、考えさせられる内容でした。

もう、
ハト笛なのに尺八の音色だ、とか、
攻撃を喰らって出血しているメンマを早く手当てしないと失血死してしまう、とか、
次の瞬間血が止まっていて周りがきれいになっている、とか、
あんなに出血したのにメンマが動けるのが凄い、とか、
敵が襲撃して来た際、ナルトが多重影分身していれば水際で防げたんじゃないの、とか、
ハト笛の影響範囲の謎、とか、
この際細かい事はどうでもいいわ。

とにかく悲しい話。

身寄りもない子どもが生きていくために、それが悪い事と知りながらもやらなければならないなんて、悲しすぎる。
フキの村を襲った時に、良心の呵責に耐え切れず、崖からの転落をきっかけに自分の記憶を封じ込めようだなんて。
生きて行く為には仕方ないと割り切って、良心を捨て切れたら楽だっただろうに・・・

犯した罪を償っても、死んだ人間は還らないし、
残された人々の悲しみや憎しみは消えない。

記憶を封じ込めようにも不十分ですぐ解けてしまい、
せめて記憶を失ったふりをして、
過去が消えたふりをする。
記憶が消えた後、メンマ本来の性格が残ったのかとも思ったのですが、本当は、
お人よし過ぎる善行で償い切れない罪滅ぼしをしていたのかと思うと胸が詰まる。

安易な自己犠牲の話なら今迄色々と観てきましたが、
現実問題として青少年の犯罪と、犯罪に至るまでのやり切れない過去がどうしてもオーバーラップしてしまい、この話が実際の社会問題と深く関わっている様な気がしてなりませんでした。

村の襲撃に失敗した盗賊団の更なる計画を阻止する為に、メンマは起爆札を爆発させようと山へ入るのですが、それは自らの命と引き換えの行為。
起爆札を爆破させた後に見せたメンマの笑顔は、
決して死んでしまったら楽になれる、といったものではなく、
それがせめてもの、そして彼ができる精一杯の償いで、
彼が命を差し出す事で村が救える、
罪深い自分でも役に立てるといった、
安堵と救いの気持ちもあった様な気がします。

メンマの記憶がとっくに戻った事を知っているのは、彼から直接聞いたナルトだけ。

幻のメンマ、麻竹が入ったラーメンはどんな味がしたのでしょう。
完成品を食べずして命を落としたメンマにとっては、
まさに幻のラーメンになってしまったわけです。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

今回のメンマ編、田の国・音隠れの里は大蛇丸との関連付けをし、
音の四人衆の多由也の笛と、メンマのオカリナも関連付けるあたりはとても上手いお話でした。

特に10代前半くらいの若い世代にもっと観て欲しいなぁ。
こういう目を背けてはならない問題提起を含んだ作品(アニメ制作者にそんな意図があるかどうかはわかりませんが)は、若い世代にもとっつき易いアニメという媒体で訴えるのは有効なんじゃないか、と思います。
劇場版にしても良い様な気もします。

カタルシスは得られない重い話でしたが、良い話だと思いました。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<【CLUSTER EDGE】ドラマCD~『未来へ』感想その② | WIND OF MOON | 視聴中アニメ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。