WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  117

アニメ【NARUTO】感想

■第210話「迷いの森」2006年11月16日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/佐々木守 演出/熨斗谷充孝 作画監督/鈴木伸一

トドロキはもう、丸鉄を弟・アキオ殺しの犯人だと思い込み、一刻も早く仇を討ちたいと思っている様です。
しかし、サクラやリーを襲ったのはどうもそのアキオの様ですし、丸鉄は弟を殺してはいない様です。

前回の冒頭、
不忍はトドロキの屋敷に侵入。そのうち子どもの泣き声に気づき、始末する様に言われて丸鉄が泣き声の主であるアキオの部屋に入りました。が、丸鉄はアキオの口を押えただけでその後アキオの安否の描写はなし。
命を奪われました、と言われれば、ああ、そうか、くらい。

丸鉄を助けに不忍が来たのかと思いきや、
実は丸鉄の使い込みがバレてゆくゆくは不忍が丸鉄を処分するらしい。
いくら慣れている、というか免疫があると言えども、毒蛇に噛まれるリスクを負ってまでナルトを庇う義務は丸鉄にはないと思う(つうか、スゲーよ、丸鉄;)。
それに、アキオの命を奪うのが目的ならば、見つけ出した時点で既に命がない筈。その役目、丸鉄が買って出た様な描写だったし。

多分丸鉄は白だろう。
そしてアキオは生きている。

「何故丸鉄が不忍の金を横領したか」

どうも深い事情がありそうな予感。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<声優バトン | WIND OF MOON | 映画【DEATH NOTE 後編】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。