WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  599

拍手お礼

8月23日、25日、26日
アニメ【NARUTO】第535話、第539話、第588話
それぞれ拍手をありがとうございました。励みになります。

ただ最近時間が取れないので以前の様な感想が書けなくなっています。
いっそやめようとも思っていて、それをここで書いてからやめるか、
無言のままやめるか考え中です。
見てくださる方に申し訳ないので。
スポンサーサイト
別窓 | 拍手お礼 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  598

アニメ【NARUTO】第593話感想

■第593話「第七班、終結!!」 2014年8月21日放送
脚本/宮田由佳 絵コンテ/石井久志 演出/鈴木琢磨 作画監督/Shin Min Seop 石崎裕子

久しぶりの第七班終結。
サスケが抜け忍となって三年。
その三年の間にナルト、サスケは凄まじい勢いで強くなりました。
そして、サクラも。
三忍はそれぞれの弟子を後継者と言える強さに育てた、という事に。

サクラの努力は認めるし、チヨばあと共闘した時のサクラに見直したものでした。
でも鉄の国の橋でのサスケを殺す事へのためらいに、やはりがっかりしたのです。
やはり肝の据わったヒナタと比べるとサクラには厳しい目で見ちゃうので。

そしてサスケの火影宣言と、第七班の活躍にナルトと同期のやる気に火を点けた!
第七班だけが木ノ葉じゃない(笑)
第十班のコンビネーションも素晴らしい。
ただネジが居ない事は残念だし、新生第七班のサイがちょっと気の毒。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  597

アニメ【NARUTO】第592話感想

■第592話「埋めるもの」 2014年8月16日放送
脚本/千葉克彦 宮田由佳 絵コンテ/サトウシンジ 演出/熊谷雅晃 作画監督/星空キララ

◆キーワードは『仲間』
カカシのモットーである、掟よりも仲間を優先する事。
その言い出しのオビトが今はかつての持論を否定している。

争いのない世界。
人々が理想的な形でいる世界。
何よりも最愛のリンが生きている世界。
でも一つとしてその中に本物は無い。


◆ラフレシア(^^;)
十尾の攻撃モード!

◆息子の彼女!?
サクラを見て妻のクシナとの共通点を見つけたミナトは何を思う(^^;)

◆今週の最大のハイライト!!!
    サスケ登場~~~~~~~!!!!!
            そして まさかの 『オレが 火影になる』宣言!

ご無沙汰抜け忍(キバ、ナイス!)がいきなりギャグかまして来たァ!


原作掲載当初、
「久しぶりに読んだら、サスケが中二病になっていた!」
とか散々な言われ様だったのを思い出しました(^^;)
そういう方々がどれ位の期間読んでいないのかは分りませんが、「木ノ葉を潰す」と言っていたサスケが何故?でしょうね(^^;)気持ちは分ります!
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  596

アニメ【NARUTO】第591話感想

■第591話「風穴」 2014年8月7日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ/ユキヒロマツシタ 演出/山田雅之 作画監督/Eum Ik Hyun

場面は再び戦場へ。

オビトはナルトによって、かつての火影を夢見ていた自分を否定したいのです。
それは真っ直ぐな心のままではいられない事への肯定。
自分の取った道が正しかったと確認したいのです。

仲間を守る為に攻撃に徹底する事が出来ずにいるナルト。
仲間を守る事をやめれば集中して攻撃出来るのに、そうしないのは仲間を亡くす事が一番つらい事だから。

不安定な十尾が天変地異を起こそうと、戦況は忍連合には悪くなる一方。

◆同等の強さ!?
ナルトが一人一人に九尾チャクラを分け与えて守った強さは、マダラの須佐能乎と同等レベル?

◆約束
リンを守るという約束は、いわばオビトの遺言。
カカシはリンを守れなかった事とオビトとの約束を守れなかった事の二重の負い目を感じています。
ですがそう思う事すらもおこがましいと言うオビトの真意は何なのか。

やっとリンを守れると、再会を果たそうとした矢先にオビトの目に飛び込んで来たのは、カカシに心臓を貫かれるリンの姿。
それでオビトがカカシを許さないというのなら分かるのです。
確かにその瞬間はオビトに事情は分からなかった筈ですから。
ですが、その後事情を知り、真実が分かった後で月の眼計画に賛同したのは、現実では死んでしまったリンを受け入れられないからです。

◆なら穢土転生じゃダメなの?
ダメだったのでしょうね(^^;)
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  594

アニメ【NARUTO】第590話感想

■第590話「サスケの決断」 2014年7月31日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ/サトウシンジ 演出/柳屋圭宏 作画監督/堀越久美子

忍とは目的の為に耐え忍ぶ事。
人それぞれ目的は違っても根底にあるのは耐え忍ぶという事。

初代は里の平和の為に友であるマダラの息の根を止めたのです。
個より里の安定を守ったという事になります。
ですがマダラは危険因子になってしまったから、やむを得ないという柱間の判断でした。

◆愛情と裏腹
本来愛情深いうちは一族だからこそ、愛を失った時の反発が強いという事。そして術の強さは失った愛の大きさに比例している様です。

◆皮肉
危険分子として亡き者にしたマダラがうちはなら、
初代の思想を直接語り継がれる事無く一番理解したのもうちはのイタチ。

多分うちはカガミも一族と里の間で苦労したのでしょうね…
初代から里の興りと忍とは何なのかを聞かされ、兄イタチの生き様をサスケは理解した様です。

壮絶な自己犠牲すら無にしてしまおうとするマダラの無限月読。

敵討ちを里にする事をイタチが望んでいないと、サスケだって十分分かっていました。
あとは里を守る納得がいく理由が欲しかったのだろうと思います。

さて、里を襲撃する事から一変して里を守ると決めたサスケ。
ゾンビ四体とバケモノ三人、バカひとりとゆかいな仲間wwは忍連合軍へ向かいます!
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  593

拍手お礼

8月2、3、6日
アニメ【NARUTO】アニメ【NARUTO】父の決断 母の涙~ナルト出生の秘密、
第343話感想

それぞれ拍手をありがとうございました。励みになります!
別窓 | 拍手お礼 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。