WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  592

アニメ【NARUTO】第589話感想

■第589話「本当の夢」 2014年7月24日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ/石井久志 演出/岩田義彦 作画監督/Shin Min Seop 石崎裕子

長い戦いにようやく終止符が打たれ、かつて理想を語り合った二人が現実へ向けて動く出す、そんな期待を抱いていたのに…

◆統合
千手一族を中心に集まり出した他の一族。
その中にはダンゾウの志村一族や、後の三代目猿飛一族もありました。

◆平和な国造り
一国、一隠れ里の礎を築いた木ノ葉隠れ。忍五大国は火ノ国を模範としたのですね。

◆廓庵入鄽垂手(かくあんにってんすいしゅ)
ヤマトがナルトの九尾化を抑える為に使った術、再び!!!

今まで争っていた一族を一つに束ね、平和な国造りをする。その為には柱間とマダラの相反する
力を持った者が協力し合うのが本当の幸せ。
それは全ての道理であるのですが、マダラは別の捉え方も出来ると言います。

弟を守れず、同胞のうちは一族からもそっぽを向かれたマダラが長として火ノ国を束ねる力は無い。
柱間の次に長となるのが扉間だというのなら、弟を殺されたマダラは複雑な心境に違いないのです。しかもマダラは扉間がマダラを信用していない事を聞いてしまっているのですから(はっきりとした描写はありませんが、穴の空いた葉っぱがそれを表しています)。

◆本当の夢の道
このころ既にマダラの頭には無限月読を考えていたのです。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  591

拍手お礼

7月27日、31日
アニメ【NARUTO】第343話 感想

拍手をありがとうございました。励みになります!

別窓 | 拍手お礼 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  589

アニメ【NARUTO】第588話感想

■第588話「戦国時代」 2014年7月10日放送
脚本/吉田伸 絵コンテ・演出/濁川敦 作画監督/一ノ瀬結梨 大西雅也

マダラの弟イズナの最期と、万華鏡写輪眼開眼の詳細が分かった回でした。

◆皮肉
やっと出会った同じ理想を持つ理解者が、実は反目する一族同士。

◆運命
お互いの物心つく前から敵同士で、憎しみの矛先は個人ではなく一族の一員だから向けられてしまう理不尽さ。
憎しみの連鎖を断ち切る必要性を感じながら、いざ肉親が殺されるのを見れば心は乱れてしまうのは情の所為。

◆守るのも、狙うのも
弱点がお互いの子どもであると親達はは知っている。互角の者同士のわずかな隙を狙える唯一のもの。

◆所詮は理想?
イズナが狙われた事で、柱間と語り合った事を実現するには厳しいと悟ったマダラ。

◆マダラ初めての写輪眼開眼の意味
マダラの写輪眼開眼を目の当たりにして、それが自分との決別を意味するのだと柱間は悟ったのだと思います。

◆究極の選択
弟を殺すか、自害するか。
マダラが提示した柱間への信頼の証。


柱間とマダラの和解。
これで千手と柱間の物語が終結していたら…こんなエンドだったら最高なのですが。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  588

拍手お礼

◆拍手お礼◆
7月19日 アニメ【NARUTO】第587話、 20日 第343話
にそれぞれ拍手をありがとうございました!
励みになります。

別窓 | 拍手お礼 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  587

アニメ【NARUTO】第587話感想

■第587話「柱間とマダラ」 2014年7月3日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ/ユキヒロマツシタ 演出/いわたかづや 作画監督/徳倉栄一

全てを知る者として穢土転生された歴代火影達。
その中でもうちはマダラを生前から知り、強い因縁を持つ初代火影千手柱間。
何度となく二人の激戦を聞かされていたので、敵対し合っていたとばかり思っていたのですが、実はそうとも言えなかった様です。


◆忍は苗字を名乗らない
お互いファーストネームだけしか明かさなかったのは、忍が苗字を明かすと敵だった場合まずいからです。
彼等が会う回数が多くなっても苗字を訊こうとしなかったのは、お互いが忍であると確信していったからでしょう。

◆戦いの連鎖
仇討をしなければ、殺された側の恨みは晴れない。
だが、それを繰り返していたら終わりはない。
腹を割って心から分かり合わなければ戦争に終わりなどない。

◆柱間とマダラ。
お互い実力を持ち、強い勢力を持つ忍の一族の出身。
親世代が分かり合わなくとも彼等の世代になったら平和的な協定が結べるかもしれないと、そんな理想を抱かせます。

◆共通点
兄弟が沢山あり、それぞれが戦死で喪ったという心の傷を持つ二人。

そんな二人が出会ったのは運命だ!と言いたいのですが(いや、そうなのですが)
似通った思想を持った二人だから、親和性が高かったのですが…

本来深い愛情を持つうちは一族。
柱間と友情が篤かったと感じたマダラが、何故柱間と敵対して行くのか…
その描写は次回以降に明かされる事になりそうです。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  586

拍手お礼

◆拍手お礼◆
6月30日 アニメ【NARUTO】感想
第579話、第580話、第581話、第582話、第583話、第586話
にそれぞれ拍手をありがとうございました!
励みになります。



それからナルティメットストームレヴォリューションの初回特典に、2013年のジャンプアニメツアーで上演されたイタチ兄さんのショートアニメが付いて来るそうで、格闘ゲーム苦手なのですが(^^;)特典欲しさに予約しようか考え中です。
別窓 | アニメ感想 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。