WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  561

アニメ【黒子のバスケ】第49Q 感想

まずは公式、ありがとう!!!
アニメ49話エンドカード

■第49Q もういいや
脚本/高木登 絵コンテ・演出/松澤建一 作画監督/宮川智恵子 津島桂 永島明子 窪田康高 藤代香菜

黄瀬の痛烈な≪叱咤(激励)≫で、雑念が取り払われ、2度目のゾーンに入った火神。
どんどん才能が覚醒されていく様は、本当にワクワクして好きな場面。

木吉が抜けてその分も自分が、と気負うあまり一度経験した≪何でも意のままに動けるゾーン≫を求めてしまい、それが同じくゾーン経験者の青峰からすれば≪一番あってはならない≫事だそうで、雑念を持ったままでは一生ゾーンは入れないのだそう。

火神がバスケが好きで、全てを懸けているのは黄瀬でなくても周知の通り。
誠凛のメンバーですらダブル・エースの陽泉に対抗しうるのは火神だと、火神が何とか出来ればと思っている。
今のままでは駄目だけれど、ゾーンに入ったら…という思いは火神だけじゃない。それを気付かせたのが他校の黄瀬というのがとても重要。


◆うってつけの人物
青峰も分かっていたけれど、きっと≪喧嘩ップル(^^;)≫な火神との関係を考えると、黄瀬こそ火神をゾーンに入らせるにうってつけの人物だったと思う。


◆言葉とは裏腹
一見突き放した様な黄瀬の言葉は、火神のゾーンに入れればという雑念を吹き飛ばすもので、単に否定する「それじゃ駄目だ」とか、励ます「頑張れ」とかではなかったから功を奏したのだと思う。

練習試合で海常を負かした時、今より未開花だったのに、それでもあの頃の方が怖かったと言う黄瀬の意味するところは何だったのか、と。
当事者の黄瀬だから持ち得る説得力。
そして、
当事者の火神だから響く黄瀬の言葉。
超ド級の激励の言葉だった訳です。

黄瀬の言葉をきっかけに、火神はどんどんと覚醒していく。
どこか本気になり切れなかった氷室との勝負も、
木吉の分まで埋めようとした気負いも雑念も消えて、今のベストを尽くす、
そう気持ちが切り替わった途端、ゾーンに入ることが出来た!


◆「悪いな、ちょっと力 入りすぎちまった」
紫原の脅威の≪破壊の鉄槌≫を止め、更に手をつかせた火神。
原作だともっと闘志むき出しな感じがしたけれど、アニメだと声のトーンからわざとではなく結果的に手をつかせてしまい「悪かった」、という思いが伝わってきました。


◆「気に入らねぇよ!」
木吉が抜けた後、一人で紫原と同じ役目をしようとした火神に、氷室はなめられた感じがしたのでしょう。
怒りに正比例してスキルが研ぎ澄まされていたけれど、覚醒した火神にミラージュシュートもフェイクも破られて、沸点に達していた怒りがとけてしまいました。


◆「才能が違うってわかんないの?」
紫原の残酷な言葉が氷室に突き刺さります。
資質があるのに、否、資質に恵まれ過ぎていたからこそバスケがつまらない紫原と、努力しスキルを洗練させても≪こっち側へ来られない≫氷室。

いつもはクールでポーカーフェイスの氷室が人前で涙を零した!!!
資質は持って生まれた天賦のもので、いくら好きでも手に入れられるものではないと、努力や根性とかを否定してきた紫原が氷室の熱い思いに心を動かされた!

そして次回、いよいよ決着へ!!!

◎おまけ◎
◆桃井の私服に驚愕
原作ではあまり気付かなかったけれど、アニメで色が付いたのを見たら、桃井の服装、女子力低くてあんまりだ…


◆近くで見守る
他の人達が観客席で観戦している中、黄瀬は誠凛ゴール脇で観戦!!!
コート脇

◆愛だろ、愛
初めてのエアウォーク披露に皆驚愕の表情を見せるも、黄瀬だけは確信していたかの様な冷静
な表情!(画像参照。右のアレックスが代表的な例。青峰もちょっと驚いた表情をしていた)

これ、原作とは違う、
             『旦那の事、信じてました!』 
夫の力を確信する妻(笑)  
 的な表情に、アニメスタッフさん、GB
スポンサーサイト
別窓 | 黒子のバスケ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  560

拍手お礼

3月24日 アニメ【NARUTO】第574話

拍手をありがとうございました!
励みになります。
別窓 | 拍手お礼 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  558

アニメ【NARUTO】第576話感想

■第576話 カカシ暗部篇~闇を生きる忍~「木ノ葉の忍」 2014年3月20日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ・演出/水野和則 作画監督/大西雅也 堀越久美子

◆人柱力の子は4才
このお話は今から12年前の出来事だったんですね。


◆根の掟
「名も感情も過去も未来も無い。あるのは任務のみ」
カカシとのかかわり合いで、甲は任務を遂行する事に疑問と苦悩を抱きます。
仲間意識が甲に感情を喚起させたのでしょう。

初代火影の細胞を移植された最後の生き残りである甲。
大蛇丸が研究に見切りをつけた後にダンゾウに拾われた甲にとって、ダンゾウは育ての親の様な意味合いがあったと思います。
身寄りのない甲の生きる道はダンゾウの下で根の一員となるより他はなかったのです。

ダンゾウの下で動いていたのですから、これまで敵の命を狙う事もあったでしょう。
でも仲間を狙うのは初めてだった感じがします。
感情を殺す様に言われても、機械ではない。いくら命令であっても感情を捨て切れるものではないでしょう。
ダンゾウを熱狂的に崇拝してでもない限り、忠実なしもべとなるのは難しいと思います。
だからこそ、ダンゾウに不利な事をしゃべらない様に、根は余計な事を口外しない様に呪印で縛られているのでしょう。


◆私怨?
カカシを個人的にダンゾウが恨んでいた???
何で?
そんな過去、ありましたっけ?


◆交換条件
ダンゾウが根を使ってカカシを暗殺しようとした件を、甲を暗部に異動させる事で丸く収めようとした三代目。
ダンゾウが大蛇丸と組んでやった事やカカシの暗殺と写輪眼奪取はダンゾウにとって不利に働き、甲を差し出さざるを得なくなったのは見事。
今後甲は、イブリ一族のユキミの弟の名である『テンゾウ』をもらい、カカシと同じ暗部のろ班の一員として生きて行くことになりました。

そんな一連の出来事があって、今でもヤマトはカカシに頭が上がらないのかもしれません。


次回、いよいよイタチが登場する様です!
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  556

アニメ【NARUTO】第575話感想

■第575話 カカシ暗部篇~闇を生きる忍~「狙われた写輪眼」 2014年3月13日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ/ユキヒロマツシタ 演出/堀内直樹 作画監督/高橋直樹 川口弘明

狙われた写輪眼ってカカシの事だったんですね。
カカシ外伝というのだから当然といえば当然なのですが。
でも放映前の番宣イラストにイタチが出ていたし、アニメが始まってから大蛇丸も出て来たから、てっきり背後からイタチを襲う何某かを想像していたので、ちょっと残念だったり…(ぼそ)



いつまでこのカカシ外伝が続くのか、というかどこまでやるのか分かりませんが、これはカカシ外伝というよりはむしろヤマト外伝と言った方がいいのかも(^^;)
それにしても

       どんどん ダンゾウのイメージが悪くなっていく(^^;)

この章が終わらないと判断できないのですが、
一応ダンゾウはタカ派だけれど、彼なりに里を思って行動していたという原作の設定があるので。
うう、とにかく今は判断するのをやめよう、我慢、我慢!


◆シスイの眼???
ダンゾウの右眼の写輪眼ってシスイの物だと思っていたのですが、シスイの物を手にする前から既にうちは一族の誰かの眼を移植していたのでしょうか?


◆九尾をコントロールする為
一応写輪眼は手に入れていますが、ダンゾウには九尾をコントロールする為に必要な木遁がありません。
なので、柱間細胞を移植した最後の生き残りの子どもである甲を手元に置いたのは、木遁をもっと自在に操れる様にする為なんですね、ダンゾウの為に(^^;)


◆貴重なのに使い捨てとは(^^;)
イザナギ、イザナミの術は、うちは一族にとって最大の武器である視力を失ってしまう。だから禁術。
写輪眼を使い捨てであると言うのはあまりに乱暴。
使い捨てだと思っているのはダンゾウであって、当の一族は自身が失明するのだから使い捨てとは考えていないでしょう。
こういう発言が、ダンソウが心から里を思っているのかどうか疑わしく感じてしまう脚本なんだなぁ。
っと、まだ我慢、我慢!


◆互いの傷
お互い真実を知らないとはいえ、リンを殺した事と人体実験の件は安易に触れて欲しくない過去なのに…
甲の言葉が突き刺さる(^^;)


別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  555

拍手お礼

3月14日 アニメ【NARUTO】第573、574話

拍手をありがとうございました!
励みになります。
別窓 | 拍手お礼 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  554

アニメ【NARUTO】第573話、第574話感想

カカシ暗部篇~闇を生きる忍~「テンゾウと呼ばれた少年」 2014年3月6日放送
■第573話「大蛇丸の実験体」脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ・演出/熊谷雅晃 作画監督/山下宏幸
■第574話 「それぞれの道」脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/高木弘樹 演出/菱川直樹 作画監督/Eum ik hyun


大蛇丸を追って来たカカシは偶然大蛇丸がかくまわれる予定の場所へ辿り着いてしまった様です。
カカシを待ち受けていたのはイブリ一族。
≪いぶし身の術≫を操る彼等はひっそりと生きてきましたが、恩人である大蛇丸の為にここでカカシを始末する事にします。
煙となって対象者の内に入り込み、意のままに出来る事はおろか殺す事も出来るという、一見最強ではないかと思わせる術を持つ一族ですが…


◆ならばイブリ一族は自分達に優位に操る事も可能なのでは???
虐げられている様に見えますが、風を避ける為というよりは素性を隠して生きている様な印象。
台風などの自然現象や風遁の術などの強力な風が吹いてしまったら死んでしまうから、反感を買わずに生きてきた…とかいう説明が欲しいところ


◆ダイエット知らず!?
甲の体内に入って隠れ家を抜け出し、お祭りに来たユキミ。
乗り移った人の味覚を通してユキミも味わう事が出来るらしい。いくら食べてもこれなら太らない(^^;)これもある意味最強だと思う!


◆テンゾウの過去
実験体だったとユキミに告白する甲。
甲の目の前に居た人物はテンゾウだったのでしょうか?
一人で居ると死ぬことばかり考えていた甲が、向かいにいたその人物と一緒に居た時は生きる事を考えていたといいます。


◆掟の呪縛
大蛇丸を救うのはユキミの血でないとダメだ、と一族の男ゴッタは死ぬ前にカカシに話ました。特殊能力を持つ一族の血を使い、里を抜ける為に一時的にでも大蛇丸に利用させたいと。
一人また一人とユキミの元から一族の人間が死んでいきます。

守らねばならないリンを殺してしまったカカシ。
励まし合ってきた人に何も出来なかった甲。

一族は大蛇丸に生かされたけれど、それは大蛇丸の為に生きることではない。
ゴッタの死で、未来の一族の為に今を生きるユキミらの代が犠牲になっているという事実を知り、ユキミは自ら大蛇丸に血を捧げに行きます。

カカシに立ち向かったのは掟を破ったのではなく、ユキミをただ守りたかっただけという甲。甲の守りたいという純粋な思いがカカシの心を動かします。


◆一族を救った真実
一族を救う為ではなく、実際は大蛇丸のサンプルとデータ集めの為。
真実を知ったユキミは大蛇丸から逃れようとしますが、呪印を施されてしまいます。


◆死して尚
墓標代わりに生えた若木。
ユキミの一大事に若木から煙が!?
死んだ一族の人々は若木に残留思念が宿るのでしょうか!?いぶし身の術といい、これといいすごいです(^^;)
煙となって消えてしまわない様に、木遁を使い、必死で煙となったユキミを逃さない様にする甲。
煙となった一族もユキミを守ろうとし、やがて巨大な木が出現します。
そして木の中にはユキミが!!!

一族はユキミを単なる犠牲者にせず守り切ったのです(一番若いユキミが死んでしまったら種が途絶えますもんね)。

大蛇丸にもイブリ一族にも甲にも会わなかったとするカカシ。
風を恐れず、未来の為に前を向いて生きていくと去り際に話したユキミ。
掟の中でしか生きられずとも、誰かを守る事が出来ると分かった甲は自分を納得させるのでした。

ちょっとモヤっとしますが、着地点としては無難な気がしました。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  553

拍手お礼

3月6日 アニメ【NARUTO】第572話感想に拍手をありがとうございました。
励みになります!
別窓 | 拍手お礼 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  552

アニメ【NARUTO】第572話感想

■第572話 カカシ暗部篇~闇を生きる忍~「抜け忍・大蛇丸」 2014年2月27日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/石井久志 演出/岩田義彦 作画監督/Shin Min Seop 石崎裕子

禁忌に手を出す大蛇丸と三代目の命を狙うダンゾウとの癒着は、三代目に危害を及ぼすという個人的なレベルから、里の脅威となるのです。


◆「やはりそれでも…いや、だからというべきか」
大蛇丸の飽くなき研究心は次第と色々な意味で危険を孕んでいきます。
大事に至る前に芽は摘み取っておかなければならない。
大蛇丸は三代目の教え子の一人。
心優しき三代目にとって、危険な思想を大蛇丸が抱いていたとしても、可愛い弟子だという気持ちを捨て切れません。
情けからか、大蛇丸を逃がしてしまいます。


◆甲(きのえ)
暗部の頃のテンゾウは甲と呼ばれていたんですね。
1とか2とか記号で呼ばれる様なものですね。
ダンゾウにとって暗部には≪人格などない≫って事ですかね
年上の暗部が乙と呼ばれている事を考えると、ダンゾウにとって甲はかなり≪使える手足≫と言えると思います。


◆邂逅
三代目を振り切り逃亡した大蛇丸は追って来たカカシと森で出会います。
文字通り面が割れたカカシ。
面の下に隠れていた顔には、大蛇丸が欲しているうちは一族の証である写輪眼が。
ですが大蛇丸はそれを見てニセモノと言います。もしカカシがうちは一族ならば、興味を持ったのではないでしょうか。

蛇に気を許したのか、大蛇丸は蛇に仕掛けられた起爆札によって深手を負います。
ここで初めてカカシは大蛇丸と会ったという設定ですが、カカシでも竦む事ってあるんですね!?
カカシも大蛇丸を逃してしまいます。


◆宝から脅威へ
大蛇丸の知識が外へ持ち出される前に捕えたい三代目。
という事はやはり殺したくはないという事に。

協力は惜しまないと口では言ってはいるものの、大蛇丸をかくまうつもりのダンゾウ。甲を使い三代目が大蛇丸の研究所に向かった時には既に手回ししていました。その用意周到さにダンソウの執念を感じます。
大蛇丸の身を寄せる先は煙と化す特殊能力を持つ人達の隠れ家の様です。


◆恩人・大蛇丸
ここの人にとって大蛇丸は恩義がある存在。
肉体変化能力を安定させるための呪印。それを施したのが大蛇丸だそうで、自分達が存在していられるのが大蛇丸の施術のお陰と考えているのなら、大蛇丸の一大事に全面的に協力しようとするのは自然な感情といえそうです。
風ですら散ってしまう程の命というのなら尚更でしょう。


◆実験体という共通点
少女ユキミの弟はテンゾウという名だそうです。
彼女は甲をその年恰好からか弟と重ねている様です。

子どもの方が強い能力を発揮するとして実験体となったテンゾウ。
墓石を持たない代わりに樹木が墓だという人々の、自分達が知らない内に生えた木にユキミは過剰反応を示します。弟は死んではいないと思いたいからです。

大蛇丸の行方を捜し、ユキミらの居住の近くまで来ているカカシ。

次回の展開が気になります。


別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  551

拍手お礼

2月27日アニメ【NARUTO】第544話感想
3月3日 第571話

それぞれ拍手をありがとうございました。
励みになります!
別窓 | 拍手お礼 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。