WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  494

アニメ【NARUTO】第534話感想

■第534話「悲しい天気雨」 2013年5月23日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/香川豊 演出/臼井文明 作画監督/古矢好二 平田賢一 Jang Min‐Ho

TV東京の公式サイトのあらすじによると、
「みんなの前に現れた穢土転生体はヨタという少年だった。まだナルトとサクラが知り合うよりも前にヨタはどこからともなく現れ、泣くと雨が降り、笑うと風が吹く天気を操る術でたちまちみんなの人気者に。その頃のナルトは一人寂しく過ごしていたが、不思議な雰囲気のヨタとすぐ友達になりそのおかげでサクラやシカマルたちと仲良くなる事ができた。しかし、何故みんなはヨタの事を忘れていたのか?そして何故、ヨタは穢土転生の術で蘇る事になったのか」
とある。

◆出会った当初から穢土転生なのでは?
やっぱりヨタは穢土転生なのだとあらすじにあるけれど、元々白目の部分が灰色なので何かありそう。

◆たちまちみんなの人気者?
いや、結構みな戸惑っていた様に見えたけど?(^^;)

◆ヨタのおかげ?
ナルトが皆との距離を縮めて行ったのは、ナルトが皆に認められたいと頑張ったからですよねぇ(原作 №552:火影の条件…!!)。
確かに里の人全体に当てはまるのだけれど。

◆直ぐには分からなかったけれど
皆ヨタの事を思い出しましたよ。

◆まだ明かされていない。
ヨタが≪穢土転生で蘇った理由≫。

◆感情によって発動内容が異なる
心の状態によって、ヨタは術の発動を変える事が出来る様です。
喜:雪を降らせられる。
怒:雷を落とす事が出来る。
哀:雨を降らせる事が出来る。場合によっては威力の高い水流も。
楽:風を起こす事が出来る。場合によっては突風も。

◆分かる様な、分からない様な…
ナルトが口笛を吹く姿を見て楽しそうだと感じたヨタ。
実はナルトはひとりぼっちを口笛で気を紛らわそうとしていただけだったのですが。
で、口笛を吹いて、ナルトと居ると楽しいから風が吹く。

犬が苦手なので、赤丸も苦手なので雷が起こる。一緒に居るキバはとばっちり(^^;)。

ここまでは分ります。

いのシカマルチョウジがすぐにヨタに気付いてあげられなくて悲しくて泣いてしまい雨が降った、というのも分かるけれど、ヨタに気付いた後もめそめそしていて雨は降り続けるしで、そんなにこの三人がヨタを悲しませたとは思えないんですけれど。

同期の中でもサクラはお気に入り(デコが好きなの?)らしく、サクラが居ると喜ぶのだけれど、何故雪なのか、次回に納得の行く描写があるといいのですが。

ナルトと居た時、一瞬ヨタから白蛇が現れたので、もしかしたら大蛇丸の穢土転生の実験体なのかもしれません。
暗部に捕まったヨタを「死なせた」とナルトは言っていますが、次回まで真相は持越しです。なので、予告、ちょっと違ウ!
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  493

アニメ【NARUTO】第533話感想

■第533話「雨のち雪、ときどき雷」 2013年5月16日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/ユキヒロマツシタ 演出/岸川寛良 作画監督/大西雅也

天気を感情で変えられる不思議な少年ヨタ。
いのシカマルチョウジ、サクラ、キバと、三か所同時に出現しているのは影分身なのでしょうか。

◆不思議な存在ヨタ
自分を「私」と呼び、男だと言うけれど本当にそうなのか。
性別もどちらなのか怪しいけれど、それ以上にヨタの存在そのものが何だか怪しい。

◆出会った当時のまま?
回想の中でチョウジが「アカデミーの入学祝い」でもらったクナイを探しているところから、彼等とヨタは十年くらい前に出会っている事になる。
で、今回の再会でヨタは殆ど成長した感じがしない。

◆穢土転生???
出会った当初から白目部分が黒いので、もしかしたら出会った時に既に穢土転生なのかも???

◆喜怒哀楽で違う気象
ヨタが怒ると雷、悲しむと雨、嬉しいと雪に天候が変化する。

◆生計はお天気で
里が不安定なので余計な心配ごとを増やすまいと、いのとシカマルとチョウジはヨタの事を大人に伝えなかったのが何やら大ごとになりそうな予感。

どう見ても幼児としか見えないヨタが一人で生きていくのは難しいと思うのですが(しかも人知れず)、天気を売ってそれで生計を立てていた様です。
干ばつに雨を降らせたりできればお礼がもらえるだろうと想像はつくのですが、消息を絶ってから今までどこで何をしていたのか。

次回へ続きます。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  492

アニメ【NARUTO】第532話感想

■第532話「老人と龍の目」2013年5月9日放送
脚本/田中秀人 絵コンテ/香川豊 演出/堀内直樹 作画監督/石之博和 高橋直樹 をがわいちろを

アニメオリジナルキャラ穢土転生≪チェン老師≫。
かつて木ノ葉の英雄と呼ばれた最強の体術使いとか。

◆チェン老師って…(^^;)
原作で≪サブちゃん師匠≫が出て来た時、誰がモデルなのかよぉ~く分かったのですが、このチェン老師はジャッキー・チェンに由来しているんだろうけれど、外見はドレッドヘアーでボブ・マーリーぽく(^^;)、ジャッキー・チェンというよりもリメイク版【ベストキッド】のジェイデン・スミスの髪型っぽい。

◆暖かいか、冷たいか
木ノ葉旋風が過熱した気流ならば、木ノ葉突風は寒冷前線などの通過に伴って起こる様な風で、同じように風を巻き起こすものでも温度が違うのね。

◆師のピンチには駆け付けるが
ガイ程の手練れすらも手こずらせるチェン老師の強さってどれだけ~~~!!
それにしても師匠のガイのピンチに駆け付けるのは結構だが、残された動けないサイを敵が襲うかもしれないという心配はないの、リー?

◆体術使い、強さの図式
ガイ>リー>チェン老師>ガイ>…ん??

◆チェン老師の真意
死んだ筈の体術使いの英雄チェン老師は、かつて教え子がリー同様に体術だけしか使えなかった為に命を落とした事を憂いて、自分は死んだ事にして余生を送っていたのですね。
唯一の弟子とリーを重ねてしまっていたのです。
でも本当は死んでいない → お腹が空く → 供物とされていたおにぎりを食べていた(^^;)


体術だけでも立派な忍になれる事を証明したいリー。
そんなリーを立派な忍者に育てる事が自分の忍道だとするガイ。

かつてリーは中忍試験で体を壊し、綱手に忍を諦めろと言われたくらいダメージが大きかったのですが、その後手術を受けて復帰。
その陰には、「苦しみから解放されたければ覚悟を決める事だ。夢を叶えなければもっと苦しくなる」というガイの言葉があったからだったのですね。

またもやガイとリーの師弟の絆の強さが語られた回。

『老人と龍の目』ってどういう事なのだろうかと思いましたが、龍の目とはチェン老師の技≪木ノ葉竜神≫の実態である竜巻の中心の事で、リーは≪一人表蓮華≫(!)で竜巻の中心へ入り木ノ葉竜神を破った、という事で、本来ならば死んだ人と戦うのは不可能なのですが、穢土転生によりチェン老師が復活。そこでリーの特訓の成果が確かめられたという事ですね。

チェン老師は特に現世に未練はないし、リーはガイという師がいるし、自分の弟子と同じ様な道は辿るまいと確信したので成仏したという事。

んー、穢土転生の量産はどうかと思うのですが、原作ストックの都合上仕方のない事かもしれません。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  491

アニメ【NARUTO】第531話感想

■第531話「ROAD TO SAKURA」2013年5月2日放送
脚本/宮田由佳 絵コンテ・演出/白川巨椋 作画監督/松本顕吾

昨年の劇場版「ROAD TO NINJA」の前日譚。
余談ですが、劇場版公開直前にはサクラメインで第491話「ROAD TO SAKURA」(2012年7月26日放送)を放送。脚本家も同じ。
尚、このお話は昨年2012年WJ第34号に掲載され、その後劇場版の来場記念としてプレセントされた「巻ノ忍」にも収録。

個人的には劇場版にが初登場! この一言に尽きます!!
暁な皆さん(存命中)


◆無限月読の試作
術を嵌める対象者の望むものを探り、マダラの術で作り出した世界へと誘う「限定月読」。
って、いつの間にそんなすごい術者になったんだ、オビト!

◆粋なはからいその①
一人暮らしのナルトを寂しくさせまいと、仲間に声を掛けるリー。
そうそう、任務(仕事)をやり終えてほっとした時、帰る場所に愛情があると癒されるよね。

◆神出鬼没?
何で毎回窓の外から訪問するの、リー???

◆チャラスケは登場しないの?
劇場版が公開されるまで話題沸騰だったチャラいサスケ、略して「チャラスケ」。
今回登場しませんが、またもや「ありえねだろーーー」な「微笑むサスケの入浴≪サービス≫シーン」!
cyarasuke

というか、シノがサスケに見えるなんて、ナルトさん、相当お疲れなのでは!?(^^;)

◆蠢く芋虫
芋虫といってもいろいろサイズがあると思うのですが…(^^;)

◆粋なはからいその②
家族が待っているから遅くはなれないとナルトに話す同期の面々。それをやんわりと制すシカマル。
リーに続き、仲間思いの同期メンバー。

◆仲間思い
ナルトはリーが覗きの嫌疑を掛けられた時、リーはそんな事をする奴ではないと庇います。これぞ木ノ葉流的な仲間意識。でもま、そうですね(^_-)-☆

◆アニメ化十周年にして明かされる春野家
サクラの両親はどんな人達なのか、家族構成はどんななのか、一応ヒロインなのに(一応って;)連載が開始されて十年以上も謎のままだったんですよね。それがアニメ公開十周年の節目となる昨年、劇場版公開にともなってやっとこさ明らかになったのですが、今まで一般家庭だとか噂されていましたが両親共忍で、父はダジャレ好き、母はモーレツで意外だった、という記憶がよみがえりました。
一般家庭なのでは?というのは、同期の家族や親せきは結構活躍する場面があったのに、サクラはヒロインなのに家族の描写が一切なかったから。
サクラの父の髪型にはこだわりを感じました(^^;)


今回だけ…というか、劇場版を見てない人にとってはオチがないので何のことやら???でしょうが(^^;)、これとアニメ第491話を続けて観た後で劇場版を見ると面白いと思います。
勿論本編だけでも話は通じますが、この第531話だけとか、第491話だけでは視聴後に疑問が残ってしまいます。
だから、アニメオリジナル話を見た人は本編も見たくなる、というのが狙いなのでしょう(笑)。

それからちょっと気になったのですが、
Blu‐ray とDVDに「ROAD TO SAKURA」は収録されていますがこの話は未収録。
SDの「ROAD TO GUIです!」が収録されているのにこちらは収録されていないなんて、本編との関連性を考えると手落ちの気がしますが、放映日上、また発売日の関係上仕方がなかったのでしょうか?というか、これも収録して尚且つ発売日をこの話の直後にすればよかったのでは?と個人的には思います。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  490

アニメ【NARUTO】第530話感想

■第530話「落城」2013年4月25日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ・演出/熊谷雅晃 作画監督/金塚泰彦 浅井聖子

今回のアニメオリジナル話、原作との折り合いとか時間調整とか感じちゃいました…

◆あっけない最期
≪すごく強い侍のおっちゃん≫タテワキは、傀儡サソリの仕込み毒針で殺されてしまいました。

◆物足りない
今現在はもう上忍レベルの強さと思えるナルトの必殺技がまだ螺旋丸。
少年編の話だから仕方ないといえばそれまでだけれど。

◆ファンサービス
デイダラとのサソリ≪芸術コンビ≫ファンには嬉しいところ。でもサソリがヒルコじゃなくて若サソリだったら言う事ナシ!(だよね?)

◆単なる足止め?
穢土転生は生前縁のあった者をぶつけて精神的に揺さぶりを掛ける事が多いから、今回タテワキを誰にぶ

つけて穢土転生させたのか動機がイマイチ。
ナルトはたまたま通り掛かった、という描写でしたし…

◆タテワキの昇天はサソリと同種
術者が術を解くか、穢土転生させられた者がこの世に未練がないと悟ったとき、穢土転生の術は解ける。
彼ノ国の若様シュウと千代姫のその後が気になっていたタテワキですが、ナルトの口ぶりからすれば二人は無事だと察する事が出来るし、それさえ確認出来ればこの世に未練はなくなったという事で昇天。
整合性はあった訳です。


暁を登場させたまでは良かったけれど兄さんの出番はナシで、その辺りが個人的に不満(^^;)
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。