WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  462

アニメ【NARUTO】第514話感想

■第514話「力-Chikara-episode5」2012年12月20日放送
脚本/黒津安明 絵コンテ・演出/水野和則 作画監督/鈴木博文 甲田正行

ついに古代の伝承の力が動き出す!

◆デイソナス、本性を現す
その実態は口寄せが得意な殺人狂。大蛇丸と共に穢土転生を研究した人物。
かつて暁ペインに敗れたディソナスは、伝承に辿り付き研究し、村長となり、『さえずり』を使って失った力を取り戻そうとしている。
村の宝を手に入れる為にレオとミィナ兄妹の祖父である村長をカブトに襲わせた張本人。


♪ファ ミ ソ  レ シ ラ レ(繰り返し)、 ファ ミ ソ  レ シ ラ ……
ミィナが口ずさんでいる旋律。
ただ『ド』が出ていないのが気になる。
七つ時毎に自動で感知されるが、手動で正しい音階を入力しなけば前回の更新内容を維持する『さえずり』。


◆もうひとつ気になるのは
力の制御。
七つの宝を集めて『さえずり』を完成し、起動して現れた『天の矛』。
動き続ける『天の矛』を心配するミィナ。


◆『盾』は無いの?


◆さすが20パターン考えていた男
シカマル。
飛段は一度戦った相手。知り尽くしているともいえる。これも因縁。
飛段の儀式には術式を描いたり段取りに時間が掛かる為、サポートなしではターゲットを倒せない。そこを突いた!


◆クローン蛇の欠陥
穢土転生に使われたクローン蛇は急速に成長する分、寿命も短い。
今回の穢土転生は捨て駒というよりも、クローン蛇の寿命が尽きて動かなくなったと言った方がいい気がする。
という事で、飛段はお役御免で、原作に影響が及ばないって事に(^^;)


◆やっぱり最後は頭突きかよ?(^^;)
体の自由をヤマトに奪われ、最後は頭突きで『天の矛』を作動させたディソナス。以前ナルトが最後の力を振り絞って我愛羅に頭突きした事を思い出した(^^;) 【NARUTO】では頭突きは基本なの?


◆世界を覆いしその力は世界を滅ぼす
『天の矛』の復活を小躍りして子どもの様に喜んだディソナス。
だがその視線の先には八つの頭を持つ怪物が待っていた!!
「過ぎた野心は身を滅ぼす」とカカシは言うけれど、そんなの今のディソナスは聞く耳なんか持ちません。
古代の力を浴びさえすれば失われた力が戻ると先を急ぐディソナスの行く末が予測出来る(^^;)


チャクラを食らう蛇に、自然エネルギーで対抗したナルト。
この辺の設定は唸る!!!
仙術モードで自然エネルギーを体得して強くなったという事は言うまでもないのだけれど、ナルトの強さは螺旋丸や仙術、九尾の力ではなく、心の中にあるという。
詳細は次回の完結で明かされると思われる。けれど、結末は年明けまでお預け(^^;)
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  461

アニメ【NARUTO】第513話感想

■第513話「力-Chikara-episode4」2012年12月13日放送
脚本・絵コンテ・演出/黒津安明 作画監督/黒津安明 田中比呂人

今回原画に中嶋敦子さんのお名前が! それに今までも【NARUTO】で作画監督をされている兵渡勝さん、堀越久美子さんが第二原画で参加(@@)スゴイ、豪華過ぎる!

このアニメオリジナルに並々ならぬ力を注いでいるのが感じられます!!!

◆「殺す、壊す、何もかも。わしが全てを」
今の原作からは考えられない九尾とナルトとの心の距離。
今まで忍にいいように使われ、挙句里からは疎まれ、諸々の恨みが九尾にはあり、封印されて自由が奪われた九尾にとって、せめてクローンで解放されたいと思ったとしても分かる気がします。

このオリジナル話ではナルトの強大な力は一体何の為にあるのか、を問われている気がします。


◆作り出したものは…
『ホール』を利用して、九尾のチャクラまで複製した九尾化ナルトを作り出したカブト。その正体は影分身とは違うクローン。

◆カブトの目的
まだ穢土転生が制御出来ないカブト。
今言えるのは取引している『アンタ』と呼ぶ人物に宝を渡して、それと引き換えに目的を完遂させる事。

◆隣に居るのに遠い
きっと気持ちも近い所まで寄り添っているドックとシセル。
崖から落ちた所為で子どもを産めない体になってしまったシセルですが、ドックは自分が手を放した責任を感じていて、シセルの気持ちは分かっていていても二つ返事で受け入れられない。
その逡巡をドックの指の動きから感じました。

◆ナルトの同期、総動員!

◆やっぱり本性をあらわした
ディソナス村長!!!


捕らわれたナルトとドック。
「強くなりたいのは何故?」とドックはナルトに問います。
強大な力を持つ者は、それを善に使おうと悪に使おうとその結果には責任を持たなけれはならない、とドックは言います。
強大な力とは物理的な攻撃力という意味は勿論、良い事に使おうと悪い事に使おうと、人の心にも大きく影響力を与えるという意味なのでしょう。

ナルトから作ったクローンはナルトの一部分で、凶悪な九尾のチャクラを取り込んでいる事から、ナルトは今闇に取り込まれようとしています。
あの凶悪な姿と力は、九尾と一心同体のもう一つの姿だからと。
心の隙間が徐々に闇に埋め尽くされ心に迷いが生じたその時、ナルトが仲間や大切な友達を守りたい、友達を助けたいと願う強い思いがナルトを導いてくれるとドックは言います。
それは父ミナトが「迷うな。お前を信じている」と言ったのと同様、ナルトの正しい力を信じていると。


今回、シセルの肉感的な唇が気になりました(^^;)
おじさんと大人の女性。
少年物なのに、精神的な事も含め、大人な話(^^)
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  460

アニメ【NARUTO】第512話j感想

■第512話「力-Chikara-episode3」2012年12月6日放送
脚本/黒津安明 絵コンテ・演出/山下祐 作画監督/金塚泰彦 大西雅也

今回も作画のクォリティ高い!

前回の、カブトがナルトの中に見出した『楽しみ』とは九尾もどきの事だったのですね。

◆妖狐の衣
尾が四本の九尾は以前カブトと大蛇丸がナルトと天地峡で対峙した時出た姿。
今回、ホールの水の力を使い、ナルトから妖狐の衣だけを引き剥がした、という事かもしれません。

◆ミィナの能力
多眼の怪物を見たミィナの能力の一つは予知夢かもしれない。

◆村の宝は全部で七本
うち五本は『奴らに奪われた』。
七つの音のさえずりと関係があるのか?
天の矛との関係は?

◆肉親がいなくとも
村の焼き討ちによって両親を失った子ども達。
ふと気付けば、避難先の村で見かける仲睦まじい親子の姿に寂しさを隠せない。
「何故寂しい?」と子ども達に問うナルト。
血は繋がっていなくとも子ども達の傍にドックはずっと居たし、シセルだって居るのだ。

◆誤解
不穏なものを感じ取る事が出来るミィナは、ナルトの中の邪悪な九尾の気配を察知して、ナルトから出て行けと叫び続けたのだけれど、彼女以外に邪悪なものが見えない所為で、シセルから頬を打たれてしまう。
幼いから上手く説明出来ないうえ、新たな絆と感じていただろうシセルに頬を打たれたミィナのショックは察して余りある。
そしてショックは頬を打たれたミィナだけではなく、打ってしまった方のシセルにも与えてしまった。
ミィナがどんな思いでナルト(の中の妖狐)を責めるのか分からないので、シセルは止めようとしただけだったし、それは年長者として当然の事だと思うのだけれど、保護者である祖父を亡くしたばかりのミィナにとって頼れる筈の大人であるシセルに頬を打たれたのはとても悲しいのだ。

◆生きていた祖父の正体
カブトの穢土転生の術により生き還らされた兄妹の祖父。
目的は前回の『アンタ』なる人物に『宝』を渡す為。
七つの内の残りの二つをドックから渡してもらう手段として祖父は穢土転生させられていたのです。

◆ディソナス村長も怪しい

◆相変わらず
サクラのナルトへの扱いが雑(^^;)

◆芸術家と信者
分かり合えないデイダラと飛段。
二人の言い合いが一番面白かったwwww
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  459

拍手お礼

拍手、ありがとうございます!

11月
27日アニメ【NARUTO】427話、
28日アニメ【NARUTO】449話、
29日アニメ【NARUTO】478話、アニメ【DEATH NOTE】スタッフ、アニメ【DEATH NOTE】story31、

12月
2日アニメ【NARUTO】478話
3日アニメ【NARUTO】510話、511話

励みになりますm(__)m

別窓 | 拍手お礼 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  458

アニメ【NARUTO】第511話感想

■第511話「力-Chikara-episode2」2012年11月29日放送
脚本/黒津安明 絵コンテ/須磨雅人 演出/熊谷雅晃 櫻井親良 黒津安明 作画監督/千葉崇洋 鈴木博文 岡崎弘美

考古学の研究をしていたディソナス村長の話によれば、ホールの伝承に太古の宝『天の矛』という物があったらしい。
それは人智を超えた存在。

その伝承の要約は以下の通り。

「太古の主が創造なされた天の矛は、けがれたものによって力を奪われた。
けがれたものはすべてを憎んでいたので 力を使い世界を壊そうとした。
世界を覆いしその力は もはや世界を滅ぼすところだった。
亡きもののひとつが偶然力の欠片を拾った。
亡きものは赤き炎をまとったものとなり けがれたものに復讐をした。
七つ時の煉獄の戦いの末、ついには炎をまとったものは勝利した。
赤きものは力を次のけがれたものから守るため、七つの音にわけてそのさえずりを封じた」

そこから連想すると
◆七 がキーワードかも
七つの音「ド レ ミ ファ ソ ラ シ」が今、一堂に会している。
その中の一人のミィナは特に「さえずり」の音や、ナルトの中に入り込んだ蛇などを感じ取る事ができる様です。

◆外傷は癒えても
少年期に妹の様に可愛がっていたシセルをその場で助けられなかった事、今回も多くの人の命を守れなかった事を後悔するドックは、心の傷はずっと癒えていなかったのですね。

◆伝説の英雄の正体
事情も知らずに急所を攻撃した相手は、いまや木ノ葉の『伝説の英雄』うずまきナルト!

◆お互いを思うあまりに疎遠に…
ドックとシセル。時が流れ、二人の心は再び繋がったという事ですね。


さて
◆カブトが穢土転生を完成する為に『宝』を渡す取り決めをした『アンタ』なる人物は誰なのか?

◆カブトはナルトの中にどんな『楽しみ』を見出したのか。


別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。