WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  341

アニメ【NARUTO】412話感想(追記あり)

過去編 木ノ葉の軌跡
■412話「ネジ外伝」2010年12月23日放送
脚本/宮田由佳 絵コンテ・演出/岸川寛良 作画監督/容洪

主役が回想でしか出て来ない(しかもセリフもない)けれど、とても良いストーリー構成だと思います。
(で、赤丸役で竹内さん。猫のヒナのCVの次は犬!?)

原作との整合性もきちんとされているし、こういう話をアニメ・オリジナルで望みます。

原作ありきの作品の映像化は、ただ単に原作に沿うだけでは物足りないし、かといってオリジナル部分が多すぎたりするとパラレルに感じられればまだしも、全く別物になりかねないですから。


中忍試験中に起こった木ノ葉崩し。
多分その当時は混乱で何が起こっているのか、受験者や観戦者には分からなかった筈。
大蛇丸が里の転覆を狙っていたのは原作で分かっていたけれど、サスケを狙っているという情報も流れていたとは。
今回の話が血継限界狙い繋がりとして、この話のベースにあると思うのは考え過ぎかもしれないけれど、そんなところも原作とリンクしていると考えると面白い。


普段は額当てに隠れているネジの呪印。
彼が苦悩していた事と、ナルトと拳を交えて考え方を変えた事を、この呪印を見て改めて思い出しました。


木ノ葉崩しはこうやって見ると、かなりなピンチだったのが分かる。
砂をそそのかした音、そして今回どさくさで入り込んだ白眼狙いの雲。
それにしても土遁使い多いな~


◆かなりな手練の雲忍、ネジの立場まで知っているところもかなりだ!

雲忍との決着に何と宗家のヒアシが出て来るとは!!!
だけれど、『かなりな手練の雲忍』をあっけなく倒せたのはヒアシが相手だったからこそ!
かなりな手練でも時間通りに倒されなくては話がまとまらないけれど、時間の関係であっけなく倒されるなんて過去に何度もあって、「あれ? 強敵の筈なのに弱いじゃん!」なんて突っ込み入れたくなったのはしょっちゅう。だから、この辺りも上手いと思いました。

人の心の中って見えないし、話している事や公にしている事が全てではないから、自分の良い様に解釈したり、挙句邪推したりする。
きちんと理解しようとすれば関係がこじれる事もないのに…と思わせる事って多々あると思います。
でも他人を分かってあげるには、まず自分から心を開かなくては相手も警戒したままなんですよね。
宗家に対する思いと分家に生まれた立場は確かにネジを強くしたけれど、過去の自分を省みて自分の弱さをヒナタに伝えたネジは、以前よりも人間が大きくなって魅力的でした。
ナルトはそういう苦しさから抜け出させる術を授ける才能があるんだなぁ。
苦悩していたネジに、そこから脱出するきっかけを与えたのはナルトだから。
ナルトの良さ、というか他人の良さを認めるネジなんて、きっと以前は考えられなかっただろうなぁ。
そのナルトを褒めた時のヒナタのはにかみで、ヒナタは勿論、一緒にいたキバもネジへの見方が変わったのを感じ、和やかな雰囲気にほっとしました。

それにしても、同じ血継限界で三大瞳力の一つである日向家の白眼の管理が徹底しているのに対し、あれだけ羨望されたうちは(の瞳力)はどう対処していたんだろう。輪廻眼もね…
結局、今残っているのが日向家だけなのは考えさせられる。


宮田由佳さんの脚本、以前から良かったですが、今回のも良かったです!


◆追記◆

●ネジの呪印ですが、原作では『』ですが、アニメでは『×』にしたのは、何か理由があるんでしょうか?

●以前白眼を狙ったのも雲忍。
どれだけ白眼に執着しているんだ!

それから、ネッ友さんに指摘されて原作を見たのですが、
木ノ葉崩しのとき、ヒアシが襲来した敵に対して迎え撃っていて、そんな中ネジの応援に駆け付けていたとしたらすごい瞬身ですね!


スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:2 | トラックバック:1
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  340

アニメ【NARUTO】411話感想

過去編 木ノ葉の軌跡
■411話「カカシ恋歌」2010年12月16日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/浪速勉 演出/渡部周 作画監督/河合滋樹 松本顕吾

先週このタイトルを見て、どれだけのカカシ・ファンはやきもきしたんだろう。

しかし、
           カカシ・ファン、無問題!!!

このサブタイトルは実は『ハナレ恋歌』。だってハナレの片思いだったんですから。

今回の過去編はアニメ・オリジナルだけれど現在とリンクしている感じがあって、以前の少年編であったような全くのオリジナルよりも受け入れやすいのが良かった。
なので「この話は全く無いじゃん!」って最初は思ったんです。

ペイン襲来で復興中の木ノ葉の里に、ハナレは旅芸人として慰問しに来た…冒頭の部分が現在とリンク!(あぶねぇ、見落とすところだった;)

ハナレが木ノ葉で歌っているシーン、あれは現在なんですね。
カカシが発したのはほんの一言「ハナレ」だけですが、ここで分かります。

カカシと鍵の国のくノ一ハナレはカカシが上忍時代に知り合っていた、という事。
カカシが既に写輪眼だからオビトが亡くなった後。

故郷や出自の一切を消された少女にとって、カカシの言葉は生きるよすがになったのでしょう。
言った当のカカシはハナレに特別な思いはなかったので、再会しても思い出す事は出来なかった。でもハナレはずっと思い続けていたのですね。
鍵の里・錠前の国(って、一体幾つ国はあるんだ?)へ帰ればカカシと離れ離れになってしまい一般人としての生活はないから、人質交換の時のハナレは未練が残っている視線をカカシに向けていました。


◆本当に火の国の情報を削除したのか?

いのいちから奪った里の情報、人質交換が成功していたら削除はしなかったのかも。追い詰められたので、カカシへの思いが一番大事だと削除したのでは。
一方カカシは最初削除を信じていなかったので、その時は拘束するつもりだったんでしょうね。


◆この人、結構自信家!?

ハナレの「私がそう望んでいるから、あなたはきっと信じてくれている」って、なんか相思相愛だと勝手に思い込んでいる様に感じられますが、カカシは彼女の生い立ちや境遇に同情してもそれ以上の思いはなかったのだろうと感じました。
なので、彼女が情報を削除した事を信じて『くノ一としてのハナレ』は自殺した事にして、逃がす事にしたのだと。
それにね、カカシは彼女にも回りにも恋愛感情が無い事を意志表示しちゃっているんですよ。彼女には「忍として最後まで戦いたかった」って。
ナルト達には「(本当にハナレが好きだったらどうするのか、というナルトの問い掛けに対して)くだらない」ときっぱり言い切ってしまっているので。


●矛盾
このお話、サクラの髪の長さからすればアカデミー時代って事になる。
あれ?サクラの髪の長さ、短くなくっちゃおかしくない?
カカシが第七班の先生になったの、アカデミー卒業してからなのに…

●またしても拷問のエキスパート森乃イビキ登場!
拷問と言えばイビキだけれど、畜生道の時に失敗してるんだよね(^^;)。
案外『正直者の部屋』では正直にはなれないのかも…

●知らなかった、『写輪眼は心の中を見通す』かもしれないなんて!
まぁ結果的にはそうなったけれど。
それを見通していた(いや、結果的だって)いのいちさんがスゴイ!

●その心の中を見通す為にはハナレの術をコピーしなくてはならなかった訳だけれど、


先生!マスク越しのチューはした事になるんですか?


あれは事故ですね、事故。


それにしても、
ハナレは抜忍なのに、ぬけぬけと木ノ葉に来ちゃっていいんですか?(これ一番の疑問)


次回、ネジ外伝!!!
別窓 | NARUTO | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  339

アニメ【NARUTO】410話感想

過去編 木ノ葉の軌跡 2010年12月9日放送
■410話「ナルトと老兵」
脚本/千葉克彦 絵コンテ/サトウシンジ 演出/小平麻紀 作画監督/嵩本樹 洪範鍚

木ノ葉崩しの後の話。
自来也やカカシの父サクモが若い頃一緒に任務をした事があるという老兵・まるぼしコスケは
              50年間も下忍だった!
             
                     ってどんだけーーー?

でも上忍で今回の任務の隊長・白雲ハヤマのこのじいさんへの接し方には敬意を感じます、単に年上ということだけではなく。

結局コスケが50年間も下忍だった理由は、過去に自分が中忍になりたくて仲間を死なせてしまった事があり、それで昇格しない事を決心。実力は上忍クラスなのに下忍のままでいるらしいという事。

仲間を死なせた償いの為に危険な任務に就くコスケを、三代目は危険が伴わない様な任務にしか就かせなかったから50年も生きていたという事になる。

火の意志とは、
仲間を守る為なら命懸けだが、それは下に付く者が上を守る為に盾になる事でも上が下を盾として切り捨てる事ではない。
危険が迫った時に上に立つ者は身を呈す事も厭わないが、それは結局は次世代を守る事に繋がるという事。


◆今回の四マンセル、実は上忍三人と下忍一人って事では?(^^;)

◆見回りどころじゃない、危険な任務ですよ!
他里に木ノ葉崩しがあっても戦力は落ちていない事をアピールする以上の、これはれっきとした他国侵入を防ぐ戦いだった。


コスケが一生下忍のままでいる事を承知した二代目・千手扉間は、自分の術をコスケに教えましたが、それは下忍のままで気が緩む事を許さないというよりも、コスケを鍛錬させ、ひいてはコスケ自身を守る為に授けたという意味合いの様な気がします。
水遁水陣壁や手裏剣影分身は懐かしい。
幻術らしき柳ってのも二代目から教わったのかなぁ?
二代目や三代目、そして四代目から仲間を守る事も大事だがその為に自分の命を粗末にしてはならないという教えは、里長が変わっても受け継がれている。これぞ木ノ葉の意志。

最後には岩隠れの上忍との一騎打ちになって、片や水遁水龍弾、片や土遁土石龍。
龍同士の戦いはコスケに軍配が上がったのです。

◆岩隠れは多数の忍を木ノ葉へ送り込んだのに、あらら、たった四人にやられちゃって(^^;)

◆敵の真打ち登場とばかりに現れた岩隠れの上忍、あっけなく敗北。

◆でその岩隠れの上忍、あっけなかったけれどそれなりの実力者って事なのでしょうが、じじいの言葉にキレる所が経験不足。
やっぱこれはコスケの、敵を煽る心理作戦なんだろう…年の功ってヤツ(そうか?)。


里の復興で忙しい中、英雄ナルトの下忍時代の任務を懐かしく話す感電テクノですが、その任務中コスケの話を嘘くさいと言っていたのが今度は自分が言われる立場に(^^;)


歴代の火影が登場したり、コスケがナルトの出自を知っているという設定はすんなりと受け入れられる話でした。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  338

アニメ【NARUTO】409話感想

過去編 木ノ葉の軌跡 2010年12月2日放送
■409話「サスケの肉球大全」
脚本/彦久保雅博 絵コンテ/菅井嘉浩 演出/木村寛 作画監督/吉沼裕美

うちは兄弟、キターーーーーーーーーーー!!!
4092.jpg

ああ~~ん、仲の良かった二人がもう一度見たかったのよぅ~~~。
兄さんの出番ちょっとだけだったけれど、萌え燃料が枯渇していたのでシアワセ

                終 わ り !

いやいやいや

少年サスケが好きな人には、公式でまさかの『猫耳サスケ』に悶絶したのでは。
更に、
        猫耳兄さんありえねぇくらい可愛いvv(言ってろ)
201012031504000.jpg

猫耳を付けると猫の会話が分かる…こんなアイテムがあるなら欲しい。
でもって、今まで全く意識してなかったんだけれど(^^;)猫バアの耳にも『猫耳』が付いていたのね(コミックス巻ノ三十九№354参照)、記憶に残っていなかったわ。老女に萌えを見出してなかったから(^^;)。
これって猫語翻訳機なのね。

以前原作やアニメでも出て来た猫のデンカとヒナ。CVが井上さんと竹内さんは以前と変わらず。
ちなみにデンカとヒナは竹内さんの猫の名前なんだそうで。


●サスケに頬を赤らめる『たまき』の正体は猫?

●遊びから始まった肉球スタンプ集め。最後に残ったのは大物2匹。
でもどう見ても二尾の方が強いよ。
忍猫界の裏を仕切る大物、って話だけれどね。

●サスケはサクラ(てか、女の子)の『手を取って』逃げるなんて事はしないだろう。

●猫社会のカクテルがマタタビーニャなら、マタタビボトルは滋養強壮剤なのだろうか。

●そのマタタビボトルは賄賂としても使えるのなら、『猫まっしぐら』度(笑)120%かも。

●城壁を登るナルトの姿がまるでロッククライミングの様。
忍って修行しても絶壁は足だけで登れないの?

●猫の額に『誠』の文字。ならば衣装もあさぎ色にしろよ(てか、そこまでやったらもう何時の時代でどこの国?何のパロ?の世界かも。『空区』は九龍みたいなのにね)。

●『BAR CAT'S EYE』はどう見たって酒場。
未成年が聞き込み調査とはいえ入ってもいいのか、サクラ(堅い事言うなよ~~、アニメなんだからさ)。

●でもって出されたのは『シーザー』とか『モン・プチ』とか高級(多分)猫缶。缶のまま出すなよ;

●猫の毛は水を弾かない~そうなんですか。
それを利用して、猫に水を浴びせ体温を奪う。
や、良い方法かもしれないけれど、外がそんなに寒そうに見えなかったし。
水を浴びる前後で反応が違いすぎ。効果てき面過ぎるでしょ(^^;)。

●猫又に『頭突きをするサスケ』…ありえねーーー;
●弟の為、かつて猫又と戦った兄さん。
一見落ち葉に見えたのは、夥しい数の倒れた猫、ねこ、ネコ…
任務とはいえ、兄さんの動物虐待は見たくない。

お話は子どもは楽しめると思うんだけれど、「ええーーー?!」な描写がちょこちょこありました。

でも 猫耳うちは兄弟が可愛かったので良し

つーか、仲良かったうちは兄弟が見られて嬉しいッス!!!
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。