WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  239

アニメ【NARUTO】感想

■314話 「雨一夜」2009年1月29日放送
脚本/吉田伸 鈴木やすゆき 絵コンテ・演出/福田きよむ 作画監督/Eum,Ik-hyun

紅蓮をよく思わないカブトに「仕方ない」と言う大蛇丸。大蛇丸の、心を弄ぶ才もなかなか、と思っていますが、これもカブトを納得させる為に言いくるめている様に受け取れます(前回は紅蓮の自尊心をくすぐっていましたからね(^^;)。
紅蓮が知ってか知らずにか、今は手下である麟児の蝙蝠は上手く大蛇丸のアジトに潜入できましたが、その索敵行動にカブトは気付いている様に思えます。

●男であれ女であれ、どちらにしても寵愛されたい気持ちは同じなのか、カブトと紅蓮。
そのやりとりは、どこまで行っても水と油。

●アジトの中に鍾乳洞が!!

●大蛇丸が褒め称えた紅蓮の術は、手近にあるものを瞬時に結晶化させる能力だったのか。
丸腰の様でいて実は武器だらけ、とカブトが警戒していましたが、確かにすごい攻撃力です。でも守りはどうなんでしょう。その点、自己防衛をオートでできる我愛羅の方が能力は上な気がします。
紅蓮の場合、隙を許したら防御し切れないかも。

●下手な協力は不要、と、あわや内部分裂しかねないシノの発言(大袈裟?)でしたが、蝙蝠がいる意味を知った今、やはり頼みの綱はシノの蟲なのか。

閉じ込められた結晶の中でも生き延びられる生命力、いやはや、恐れ入りましてでございますm(__)m 大した生命力ですわ。
ああそう言えば。
地球最強の生物は、体長大きいもので1ミリくらいのクマムシでしたわ。

●腹の探り合い
風雨吹きっさらしのボロアジトに残された麟児達。
紅蓮の帰りが遅いので疑心暗鬼に。不安に陥るとどうも思考はマイナスに傾く様です。

●蝙蝠ばっかり見ていたせいか、みの虫に変化したシノが巨大な蝙蝠に見えてしまった。

幽鬼丸には、帰らぬ母がたった一人の肉親だった様です。
大蛇丸の今の器・幻幽丸は幽鬼丸の兄でしたっけ? だとすれば、幻幽丸が器になった時はまだ母は生きていた、って事になります。
幻幽丸の最期の望みは一族を大蛇丸から解放して欲しい、という事でしたが、その後約束は違えられたのか、今はもういない様です。
確か器になっても思念は大蛇丸に残留するという事だったので、もし約束を大蛇丸が破ったとしたら幻幽丸はどんな思いなんでしょうか(大蛇丸の体の中で、地団駄を踏む事しかできないんでしょうかねぇ)。

気になるのは紅蓮を看病した人です。
口元から下しか出てきませんでしたが、それが幽鬼丸の母親だったら面白いです。
紅蓮の着物の柄が何故白い椿なのか、その関連も気になるところ。

●永久と言っても永久ではない
晶遁の結晶で閉じ込められた花は紅蓮が死なない限り枯れないらしい。
ならば人の命は永遠ではないから、永久に枯れないというのは嘘じゃん!

●いつも一緒だと成長の度合が分からない(?)キバ。
まぁ、人様の子どもの成長は分かっても自分の子どもの成長はなかなか気付かないのと同じって事でしょうか。
でも赤丸を「昔から白いしフカフカだし鼻黒い」から大きくなった事に気付かなかったって、そこ成長と関係ないから!

今回は絵が荒いところがあった…
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  238

アニメ【NARUTO】感想

■313話 「通いあう心」2009年1月22日放送
脚本/吉田伸 鈴木やすゆき 絵コンテ・演出/熊谷雅晃 作画監督/徳田夢之介 金塚泰彦

ハッピーセットの【NARUTO】、コンプリ叶わずに終わった私です;(今回おもちゃを選ばせなかったのが何とも… orz )

カエルと心を通わせるって何さ(笑)。
人間同士でも心を通わせるのは難しいというのに、異種間で通わせるってどうなの?
しかも歌もカエルにちなんでベタな『かえるの歌』だしさ、その上途中から『虫の声』、でもって替え歌にまでなっているし…

それから演出。
ナルトの汗がひとしずく、闇にポタリと落ちる。これって、炎天下のせいもあって、ナルトの意識が遠のいた、って演出なのでしょうか。


結局ナルトを認めざるを得ないのは、ナルトの「諦めないド根性」だからだそうです。
不可能だと思っていた事や諦めていた事をやり遂げる姿を目の当たりにすれば認めざるを得ないし、またそれを見る事で挫けて弱くなった心を奮い立たせ、見る者にも希望を与えるのかもしれません。

それにしても、今回の自来也とナルトの木漏れ日のシーン、いいですね♪
大好きです!!!

まるでコミックス42巻表紙から派生したエピソードの様で。
                 jiranaru


でもって、こっちがその42巻の表紙。
                jiranaru.h


自来也の額当てやナルトの口元のアイス・キャンディの棒の有無等細かい違いはありますが。
            
イルカ先生が一本のアイス・キャンディを割って、片方をナルトにあげるシーンも好きだったけれど、自来也があげる今回のシーンもなかなか。
一つのものを分け与えるのって優しさを感じます。


●物を口の中に入れたまま寝るのは止めましょう。虫歯の元です。ましてや甘い物などもっての外! めッ、ナルト!!!

●シノの寄壊蟲の命は早いもので数時間で尽き、その間に子孫が増えるって、なんだかウィルスなみの速さじゃない?

●シノ、ものには言い方があるんじゃ…だから久しぶりに里に戻ったナルトも思い出せなかったんじゃないの?(ナルトとキバって相性良さそうだけれど、シノとは合わないだろうと思う;)


紅蓮の手下となった麟児ら五人。
でもその内、牛頭は元々の仲間ではない様です。
とはいえ麟児が蝙蝠を使って探りを入れているのを、他の三人が知っているかどうか明らかではないですし、少なくとも新参者の牛頭は知りませんでした。
殺し合いが始まった時、牛頭を除いた四人は予めお互いに協力をするという話になっていたのですが、バトルロイヤルになってしまったらその限りではないと麟児が言っていたので、麟児の仲間意識もその程度なのでしょう。もしかしたら麟児の単独行動かもしれません。


●犬笛と言っていながら指笛では(^^;)。

●スキルがないのなら早く言って、ガマ吉、ガマ竜。

●豆しばに投稿したい!!!(豆しばに声を変換させてお読みください。食事中、要注意!

「ねぇ、知ってる? 蛙は異物を飲み込むと、胃袋ごと吐き出すんだよ」(うへぇアップロードファイル
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  237

アニメ【NARUTO】感想

■312話 「遭遇(であい)」2009年1月15日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/伊達勇登 演出/岡島国敏 作画監督/武内啓

外の世界を殆ど知らない幽鬼丸。
幽鬼丸には、蒲の穂や湖の水だけでなく、外の世界そのものを新鮮に感じる様です(どうやらある程度の知識を持つのは許されていた様です)。
目に映るもの、触れるものに素直に反応する幽鬼丸を、カブトは鼻で笑います。その素直さ、御しやすいと感じたからでしょうか。
薬を素直に服用する幽鬼丸を見て、あながち当たっていないとも言い切れないと思います。

●体の相性を磨く
ワタクシ妄想気質だから、イロイロと妄想しちゃったぢゃないの~~~! 別に「相性を磨く」でいいのに(笑)。

●ガマってさ、体のサイズは自由自在なの?

●おやつ食べると大きくなるの?

●蝿って潰れると臭いよね。臭い食べ物って味がいいのが多いけれど、ガマの世界も同じかね?

●幽鬼丸の能力にはテレポートもあるのかね?

●「この子は使えます」
使える、使えないが大蛇丸の基準なのね。

燃え盛る紅蓮の炎を呆然と見つめ涙する紅蓮(クドイ;)。しかしそれは悲しみに涙したのではなく、大蛇丸の力に感動した涙だったのか。
大蛇丸は紅蓮を魅力的な能力の持ち主と言うが、紅蓮は大蛇丸にこそ魅力があると感じていて、だからこそ、その力を丸ごと取り入れる事ができる器になりたいと望んでいる様です。大蛇丸が体を乗っ取ろうとしているのも承知の上で。彼の力を取り込むことができるのなら、体を差し出す事は紅蓮には喜びであり願いだから、幻幽丸の次の器になる事を再考しても良い、という大蛇丸の言葉は甘美に響いたに違いありません。
しかも、「アナタにしかできない仕事」と紅蓮のプライドをくすぐり、他の誰でもないという優越感を植え付けるのには十分すぎる言葉だと思います。
本当ならば器になったのは自分だと思っていたのに、紅蓮が見たのは幻幽丸に転生した大蛇丸の姿。それだけでもかなりのショックだったと思いますが、追い打ちをかける様に彼女がまるでそこには居ないかの様に大蛇丸が通り過ぎて行くのを、どんな思いで紅蓮はその場に居たのでしょうか。
更に次の器もサスケに決まっているしで紅蓮には入り込む隙はないのですが、それでも一縷の望みがあるのなら、という紅蓮の思いに付け込んだ彼女への任務。

●とっくに次の器はサスケと決めているのにさ。乙女の心を踏みにじってるよ、大蛇丸!

●隠れ里の湯でニア・ミス? ナルトとカブト。

心が通じ合う事があるんだね、と言う幽鬼丸。
相手を一所懸命思えばいつかは伝わると答えるナルト。
そう幽鬼丸に答えながら実はそれはナルトの願いであり、今では信念に変わっていると思います。
自分の帰る場所がどこなのか分からない幽鬼丸は、思っている人がいる所が帰って来る場所であるとナルトに教えられ(つか、自来也の受け売りなんですケド;)喜んでいましたが、果たしてそんな人が幽鬼丸に居るのでしょうか。でも喜ぶ姿を見ると、生死は定かではないですが、そういう存在は居そうです。

●これもKY
心を読め!
心を読み、それに合わせる修行とは、タイミングや合わせる事ではないというガマ吉。なんか説明ヘタね、ガマ吉。
いかに相手の心を読み、応えてやれるかがコンビの真髄なんだと。
それで初めて心が通い合うって事で、それって結構難しいと思ったのでした;
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  236

アニメ【NARUTO】感想

bachikoi
■311話 「発見 大蛇丸のアジト」2009年1月8日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ/サトウシンジ 演出/小野田雄亮 作画監督/堀越久美子

やってくれたよ、ブッ飛んだ新ED!
や、デブパレードの存在は知っていましたが、まさかの【NARUTO】起用。デフ・レパードをリスペクトしているんでしょうか…?(それにしても、スタッフの中にいののファンがいるんじゃないの?それから、テンテンはどーしたよ?)

今回のお話は『対比』でしょうか。

純真無垢そうなイメージのする幽鬼丸。
でも結構こういうタイプが強くて怖いんだよね。
見るといつもイラついている感のあるカブトですが(この人、短気だと思う)、幽鬼丸との会話でもイラついていました。幽鬼丸の言動が、どうも心を見透かされているかの様で、でも読心術があるという感じではなく、感覚が鋭いというか。勘は良さそうなんだけれど、幼く穏やかな印象から「まさか読めてはいまい」とカブトを少しほっとさせている様ですが、まだ幽鬼丸の真の力は分かっていません。それは見ている私にも、カブトや大蛇丸でさえも、です。

●ソリが合わない
1.カブトと紅蓮
紅蓮に引き渡す前に幽鬼丸の能力を引き出す必要があるカブト。
ソリが合わない紅蓮と関わらなくてはならない事と、結果を早く出したいのに、幽鬼丸が子どもという事もあってか、迂闊に手荒な真似ができないのとで二重にイライラ。

2.相性が合わないオネェとコラボしなくちゃならないナルト。

●帰る場所
1.前回、自分の帰る場所をカブトに問うた幽鬼丸。

2.「思っている奴が居るところが帰って来る場所」とナルトに話す自来也。
だとすれば、真に自分を思っていてくれる人がいる場所が帰る場所、って事。


外で椿の花を拾っているシーンからも、幽鬼丸は全くの幽閉という訳ではなさそうですが、部屋の外から鍵を掛けられている事から、その行動には制限があるようです。とはいえ、紅蓮が監督しているアジトの虜囚と比べたら別格の様ですけれどね(^^;)。

ラストで、大蛇丸に呼ばれたサスケの口元に不敵な笑みが浮かんでいたのは、カブトと幽鬼丸が出発する際、木の上で「そろそろか」と言っていた事と関係がありそうです。側近のカブトが留守で大蛇丸が手薄になるのを狙っていたのでしょうか。


自来也から見ればまだまだひよっ子のナルト。
以前、サスケ奪還に失敗し、ボロボロになっても己の意思を貫こうとするナルトに、自分の経験を重ね合わせ、考え直す様に説得しようとした自来也。
三年経った今でも変わらない意志の強さに、以前はあきらめにも似た境地だった自来也も「コヤツなら」或いは…と思わせる位にナルトは成長した、って事なんでしょうね。
自分の意思を貫き通すのは結構難しい事で、挫折やあきらめる方が多いと思います。貫くにはかなり強い意志が必要だし、実力を持った者か、或いは困難である事に気付かないバカのどちらかと考える。そして、何よりも自来也はナルトが体だけでなく、心が傷付くのを案じていたからサスケを追うのを止めたのだと思うけれど、もし、ナルトの思いがサスケに届くとすれば、それは自来也自身のカタルシスを得る事にも繋がる様な気がするのです。もはや大蛇丸が改心するとかの問題ではなく、強い意志と努力で、人との絆は再び繋がれる、という一つの証明が出来る様な気がして。

●団子屋の娘。清純そうに見えて実はかなりアレなんじゃ(^^;)。

●隠れ里の湯、とか言っておきながら、結構立派な構え。

●「ダメ!! ぜったい。のぞきは犯罪です」
これって、薬物禁止啓発ポスターをもじっているよね。

●湯治場でのナルトの二の腕の筋肉質にドキッとした。成長したねぇ。

●九尾の尾が四本になった時のナルトにやられた際の自来也の胸の傷がおいたわしい。
今更気にすることもない、とナルトに言う自来也。懐が大きいです。

●やはり取材は建前だった!
てか、女湯を覗くのは女性に悟られるよう気配を消す修行だったのね(^^;)。これこそ建前なんじゃ…

●キバ、シノ、ヒナタって索敵班だったんだねぇ。

●紅蓮の守るアジトを前に死臭がすると言うキバ。
でも、アジトが崩れる気配は分からなかった。鼻はカカシもかなり利くらしいけれど、崩れるアジトから脱出できたのは赤丸のお陰だ、ということならば、鼻の利く(感覚が鋭い)順位は、
カカシ<キバ<赤丸 って事ですか(笑)

●幽鬼丸って目で臭いを嗅げるんですかね?

●結晶 五角牢って晶遁だそうですが、5つの属性の内、何と何を合わせたものなんでしょうか。白の血継限界と似ているのかな。カカシは知っている様でしたけれど。

●呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~~ン♪
ガマ界にもオネェキャラが居たとは\(◎o◎)/!
自来也にはシナを作るガマ力。でもナルトに対してはガラの悪いオッサンやんけ!



三色団子を見てムショ~~~に『言問団子』が食べたくなった!!!(よだれ)

別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  235

アニメ【NARUTO】感想

■310話 「忍の決意」2008年12月25日放送
脚本/武上純希 絵コンテ・演出・作画監督/木下ゆうき 演出助手/すがやゆりこ

サスケの修行先で、サスケが落とした椿を拾う少年・幽鬼丸。
紅蓮の服にも白い椿。同じ里の出身なんだろうか。
帰る所とは故郷の事で、家族はもういない、ということなんでしょうね。名前からして以前大蛇丸の器にされてしまった幻幽丸という人物と関係がありそうです。

サスケの居場所を知ったらいてもたってもいられないナルトを察してか、綱手はまたもやナルトを自来也に委ねます。
自来也の行動や言動を見ているとさすがだと思う。ナルトに変に勘繰らせない。だからか、サクラや同期の仲間には心配させまいと振る舞うナルトが自来也の前では素直に本音を出している様に思う。


●冒頭、暗部が消えるシーン。すげぇ、肉体が跡形もなく…

●紅蓮が任されている辺境のアジト(^^;)の捕囚。わーー【妖怪人間ベム】の最終回かと思った;怖い。

●大蛇丸からの伝令を伝えるカブト。
「大蛇丸様からの伝令を伝える」
「大蛇丸様からの伝令は以上だ」
ものの1秒もかからない。早ッ!!!
内容を視聴者に今は明らかにしない為なんだろうけれど、間の切り替えの悪さが気になった。

●大蛇丸はよほどサバイバル・ゲームが好きだとみえる。今の器を決めるときもああやってバトル・ロワイヤルやったよね(-_-;)

●あれぇ?一楽がつけ麺屋から元のラーメン屋にいつの間にか戻っている。

●人が戦う音でゾクゾクする紅蓮。なんか中忍試験で初めて出てきたアンコと重なる(^^;)。女性の側近はああいういっちゃっているタイプが好みなんだろうか。

●大蛇丸の器になった幻幽丸って、今の器の前なんだろうか?

●器の性別はどちらでもよいのか?
そう言えば、三代目と戦った時の若い顔は少女っぽかった。今の体は男性のものだし。
幻幽丸って女か?

●鼻垂れ小僧健在、ウドン。昔はいたんだよ、今見ないケド。袖のあたりが拭いた鼻水でテカテカに光っててさぁ…


≪今週のサイ≫
暗部は「死して屍を残すべからず」
死んだら骨すら拾ってもらえないなんて悲しすぎる。
でもね、原作読んでいるとチト、怖い。何てったってダンゾウが上司だもんね;

ところで、
負傷したナルトにラーメンを食べさせてやろうなんて、まぁ空気の読み間違いはあれど努力は認める!




そして声を大にして言いたい。

コルァ!腐女子の楽しみを奪うなよぉ~~~~!!!!怒

何って、『おいろけ・男の子どうしの術!!』のコトだよ!怒怒

原作掲載当初からアニメでどう演出するのか楽しみにしていたのにさぁ。
あれはサクラもナルトと同じ穴のムジナだった、ってコトで終結させてこそなんだよ。それをさぁ、サクラだけ女神扱いするんじゃねーよ(や、単に割愛されたんだと思う…ションボリ)
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。