WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  212

アニメ【NARUTO】感想

■283話「二つの玉(ぎょく)」2008年6月19日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ/木下ゆうき 演出/木下ゆうき 作画監督/津熊健徳 木下ゆうき

火ノ寺編からずっと脚本協力、忍術創案だった彦久保さんの脚本。

チャクラの性質は生まれ持ったもので、ヤマトが知る限りでは5つ全てを持つ忍はいないらしい。それではフウカが5つのチャクラ属性を何故使えるのか疑問が残ります。カカシとは違う方法でコピーするって事なのでしょうか。

10年前、火ノ寺で起きた事件。
それは、ソラの暴走で、封印鉄壁が破壊。その場に居合わせなかった地陸が駆け付けて見た惨状は、とても幼いソラ一人が破壊の限りを尽くしたとは思えない光景だった。
その後ソラを検査したが暴走の原因は分からず、ソラに監視を付けてもそれ以降ソラが暴走する事はなかった。

人ならざる姿と、邪悪なチャクラ。信じられない破壊力。

ヤマト「これではまるで…」
綱手「そうだな」
多分二人の脳裏に浮かんだのは同一人物、そう、九尾化したナルトの事でしょう。
火ノ寺編が始まって以来、視聴者にはナルトとソラの共通点を何となく気付いていたというのに、当のナルトがまだソラに対して共感していないのは、お話の先がまだ長いという事なのでしょうか。

ソラが尾獣であることはほぼ間違いない様です。
いつもは隠している右手の威力や形態も納得がいくし、修行僧という事を差し引いても体力ありすぎだし、ならば尾獣の器としても納得がいく。
ちょっと逸れますが、原作で、残された尾獣はあと2体。倒された尾獣7体のうち何なのかはっきりしないのが何体があるのですが、残された尾獣の1体がナルトであともう1体がソラなら面白いのになぁ。ただ、一つの里に尾獣が2体以上いたらそれはすごい事だろうけれどね。あ、2体居たから一人は里で一人は寺に託されたのか???

アスマがソラの父と同様、守護忍十二士であった事が、ソラがアスマに親近感を持つきっかけだったかもしれません。また、裏切り者だと言われ続けていた父の汚名を「アスマが晴らしてくれた様で嬉しかった」とも言っていたので、アスマに対して心を開きかけていたのは間違いなさそうです。
父を亡くした頃はまだほんの幼い子どもだったソラにとって、アスマに父性を感じていたとしてもおかしくありません。ソラにとっては無意識かもしれませんが。
人に何かしてもらっても「ありがとう」すら言えなかったソラ。
アスマに連れて行ってもらった武器屋の帰り道での父子の会話を聞いた時の反応で、ソラが父(親)から生きていれば当然教えてもらうべき礼節が欠けていたのだという描写は納得です。ソラが単なる礼節を欠いた生意気な奴ではなく、彼を躾けてくれる親の不在がそうさせたのだと。父子の会話を微笑ましく聞いていたソラの描写でそう思います。
しかし、
ソラがアスマに、地陸以外で初めて心を開きかけたのも束の間、すぐに激しく心を揺さぶられます(私の解釈ではソラにとって地陸は先生、アスマは父性を感じさせるおじさんです)。

それもそのはず、木ノ葉の里まで追って来たフリドに『父・カズマを葬ったのは、裏切り者 アスマだ』と聞かされたのですから。
火ノ寺では「カズマは火の国を我がものにしようと企んだ為に殺された」と教えられ、父をヒーローの様に思っているソラは長い間傷付いていたところ、アスマの、「真実がどうであれカズマは彼の忍道を貫いて死んだのだ」という言葉に励まされた矢先の事。
父の汚名を晴らしてくれた気がしたアスマの励まし(とソラは思っている。実はそれは真実以上のものではなく、それを『励まされた』と解釈してしまったソラに対してアスマは複雑な思いだったのです)で心に平静が訪れたというのに、アスマの方が悪者だとフリドの言葉に心を乱されてしまった。
フリドもアスマもどちらも真実をソラに言っているけれど、どちらを主体で話すかによって解釈が変わってしまう。それがまだ思春期のソラにどう解釈されるのかが気になります。

火ノ寺は今までソラに対してどのような仕打ちをしてきたのか。
火ノ寺よりも居場所がありそうな木ノ葉の里だが、果たして木ノ葉は味方なのか。

そして裏切り者はアスマで、ソラの力を大義の為に使わないかと、フリドは心を乱させながら甘い言葉でソラの心を揺さぶります。

この辺のフリドのやり方とソラの心理状況は今後もっと書けるかもしれないと思うと目が離せません!

で、視聴者には、カズマの声とフリドの声が同じだという事で、これはひょっとしたらフリド=カズマだという事を連想させます。そしてアスマが付けたカズマの顔の傷で決定打となりました。

フリドとは別に気になる動向は、暗闇の中、暗部の監視を逃れて、ダンゾウはどこへ消えたのか、という事です。


ちょっと気になるところ
感情表現が苦手なソラですが(サイとは感情の発露が正反対というのが面白い)、
武器屋でアスマに鉤爪を直してもらい、それがアスマの厚意からかもしれないが、でも地陸から頼まれたのだろうと勘繰るソラはちょっと嬉しそうでした。ま、もしかしたらアスマはソラの父を葬った事で、早くにソラを孤児とさせてしまった事に負い目の様なものを感じていて、罪滅ぼしとまではいかなくても何かソラにしてやりたいと思ったのかもしれません。


●火ノ寺の僧って皆、福禄寿の様な頭の形だった…

●NARUTOの世界って伝書鳩使ったり、移動は人力なクセに、医療だけは発達しているんだよね。以前監視モニターってのもあったな。

●さすが暗部の根のドン・ダンゾウ。暗部の目を逃れて身を隠すなんて、一枚上手だ。

●木ノ葉の里の名物ラーメン屋、一楽。
その看板娘アヤメのド・アップにビックリだ。単なる里の一人でしかも忍じゃないのに、その扱いはアイドルばり。癒し系か。何故かメイド服が見えた(嘘)。

●アスマに斬られてから10数年、オール白髪になる位苦労したんだね、フリド(よよ)

●酒癖悪いヤマト(てか、こんなクダ巻くような女々しいキャラにすんなよぉ;)。そしてナルトやソラにラーメンを奢ったり、ヤマトの愚痴を少なくとも3回は聞いてやってしかもカラオケまで付き合ってやるアスマは、間違いなく木ノ葉一番面倒見がいい漢でしょう!
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  211

アニメ【NARUTO】感想

■282話「チームメイト」2008年6月5日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/高橋滋春 演出/高橋滋春 作画監督/福井明博

ソラが火ノ寺で疎まれていたのは、右手の形状と術から感じ取れる何か禍々しいチャクラの所為だと思っていましたが、もしかしたらそう視聴者に深読み(というか勘違い?)させる為で、案外疎まれていた原因は他にあるのかもしれないのかな、と思わせる回でした。

前回、守護忍十二士のクーデターの生き残りフリドと接触し、フリドの目的がソラであり、赤ん坊だったソラを抱いた事がある(ソラは記憶にないけれど)、という二人の接点が語られました。
二人が出会うまでは、ただ単にソラの力がフリドに必要なんだろう程度に思ったのですが、それだけではなさそうです。

ソラ自身の話から、ソラの父カズマが火ノ寺では裏切り者として見られていた事が分かり、殺された父に対して何も教えてくれないという不満がソラにある事が分かりました。父の汚名返上、名誉挽回の為でしょうか、復讐をしたいと。復讐と聞いて、ナルトが反応しない筈はありません。復讐と言えばナルトにとってはサスケを連想させるでしょうから。でもここまでのところ、ソラの復讐に対してナルトの強い反応は感じられません。それはまだ背景がはっきりとしないからかもしれません。
今後、物語が進んで行くにつれ、サスケとの思いも絡んでソラに働きかけるのかもしれません。

アスマはカズマの死の真相を分かっている様ですが、ソラに教えない姿勢は火ノ寺と同様でした。アスマがソラへ話したのは、真実がどうであれカズマは彼の忍道を貫いて死んだのだというものでした。アスマも地陸同様、カズマを尊敬しているソラにそうとしか言えないのだと思います。それがソラの為だと思っているからでしょう。ヒーローだと思っていた父を亡くしたソラの年齢が当時五歳だった事を考えると、彼の理解力とショックを考えての沈黙ととらえざるを得ない。

まぁこれは私の深読みなので笑い飛ばしていただきたいですが、
カズマはクーデター側の十二士の一人だったから、アスマも地陸もフリドもよく知っている。
クーデターを起こした者の子だから火ノ寺ではソラをよく思っていない。
しかし、地陸の働きかけによって、ソラにはカズマがクーデター一味の一人だという事は伏せてある。それは遺されたソラの行く末を思い遣っての事で、ソラが火ノ寺で生きて行きやすくする為(表立って裏切り者の子どもだという扱いをされない為)と、ソラの父に対する尊敬の念を守る為だと思います。
で、火の国をもっと強化したい、と考えているフリドはソラの力を戦力にしたいと思っている事はもう分かりましたが、問題は折角接触したのにソラを拘束しなかった事。多分カズマの真実をソラに教える事で味方に付けようと目論んでいるんでしょうね。


琥珀一族というのを壊滅させてソラをおびき寄せようとしている様で、今までの襲撃はその為の陽動との事です。その挑発に火の国がどう出て、ソラの心がどう動くのか、これからの展開が楽しみです。


●守護忍十二士にいたのが10年前の二十歳頃。アスマって三十路なのか。

●地獄で仏? いや地獄耳の『菩薩』綱手。自分に都合が悪い(良い)と地獄耳になるよね(^^;)。

●木ノ葉の『拳会議』(笑)の締めは焼肉Qで! ペットお断りでも獣人分身なら赤丸も入れるんだ!え、赤丸はペットじゃなくて忍具扱いだから元から問題ない?

●男だらけの食事会…ふつうならムサイよね;女だらけの水着大会ならいいのかという突っ込みは私には無意味じゃ。

●「お腹が空いたらスニッカーズ」(古ッ;)ならぬ焼き芋。どんだけ芋が好きなんだ、フリド。最後の、芋を一口食べた後の表情がコワイ。

●↑のフリド。芋の一噛みが落雷のスイッチとは(違)。

●オマケ・コーナー、おまけ話の両端で繰り広げられるトントン&パックンの障害物競争。今回はパックンの勝ち。でも犬なのに『ニャンパラリの術』だったぞ!

≫今週のサイ≪
好評につき、今週は再開しようと思っていたのに病院行きですぐ消えた;
でも、火影室前の廊下で何に顔を赤らめていたのよ???
お早い復帰を待っています!!!
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  210

アニメ【NARUTO】感想

■281話「接触」 2008年5月29日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/濁川敦 演出/濁川敦 作画監督/徳田夢之介

やはり、フリドの目的はソラでした(現段階でヤマトも十中八九ソラが目当てだと気付いていますが)。
かつての仲間の墓を暴く手荒な真似をするクーデターの首謀者を、その手下達の戦いっぷりから察するにどんな非道な奴かと思えば、案外そうでもなさそうでちょっと意外。
ソラが来るまで焼き芋焼いて待っていたなんて、そりゃお腹が空いていたら余計に苛立ちますから…敵も考えたものです。

何か武器で攻撃されるのかと思いきや、焼き芋を投げ渡され、挙句の果てには腹が減っているだろうから食べろ、だなんて、自分に勝算がなければ出来ない芸当(ソラは子ども扱いされいるし(^^;)ま、実際子どもなんだけれど)。

一度は口にした焼き芋ですが、食べ物で懐柔されるほどソラは見下されてばかりもいられないみたいで、このあたり、ナルトだったらどう反応するだろう、なんて思いながら見ていました。
で、反撃に出たはいいのですが、フリドにまったく相手にされません。それどころか、フリドは芋を食いながら攻撃をかわしたので、そのふざけた態度にソラの怒りは募ります。
実はそれこそフリドの思うツボ。
まんまとフリドの思惑に引っかかったソラは怒りが発端となって、ソラ自身すら気付かなかった力を発動させます。どうやらその力の解放のせいでソラは意識を失った様ですが、その力を確認してフリドは自分の目に狂いはなかったと再認識した様です。
そしてその力の使い途をソラに問います。

    己の欲得、感情の発露に使うか、火の国に捧げるか

地陸や亡くなった4人の守護忍には敬意を感じている様なソラですが、問題なのは、火ノ寺では地陸以外はソラを疎ましく感じている様で、そのあたりに付け入る隙があると踏んでフリドはあっけなくソラを解放してしまったのではないかと考えます。きっと放っておいてもソラ自身が自分の元へいずれ来るだろうという確信があるのでしょう。そして従わせるには力づくて無理やり従わせるのではなく、ソラ自らがフリド側に付くようでなくてはならないと判断しているのかもしれません。ま、とにかくフリドという男はかなり自信があるんでしょう、きっと。

●錫杖VS鉤爪 どちらも接近戦向けだと思うけれど、どっこい中距離でも攻撃できるとは。細工がしてある分改造錫杖の方が上だった。

●風使いソラは嗅覚が鋭い。木の葉へ来た際には是非キバと嗅覚勝負して欲しい。

●死の接吻はおこげがついていると出来ないって何で?

●フウカは全てのチャクラ性質が使える様だが、どうも攻撃がそれぞれ一種類だけって事はコピーだったのか???

●女体の神秘なんて知らんでもいい。つか化粧の濃くて、香水臭い(多分)のは好かんってばよ。

●フウカってメデューサだったんだねぇ。髪の毛だと思っていたけれど実は蛇だったから切られて怒ったんだね(違)。

●そんなメデューサ・フウカの糸引き接吻なんてされたくねぇ!!!ナルト、目ぇ剥いています(^^;)。


ソラがナルトの危機が分かったのは同じチャクラ性質と体の中に尾獣がいるから(多分)なんでしょうか。 共鳴ですか?
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。