WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  141

【牙-KIBA-】感想

☆【牙-KIBA-】を観終って

毎回次の展開が読めなくて、飽きさせない作りで最後まで観ました。
そういう意味で「面白かった!」。
シリーズ脚本が平成仮面ライダーで御馴染みの井上敏樹さんなので、読めない展開を追い求めるあまり、カタルシスを得られない結末になるのは嫌だなぁ、と思いつつ、かといって綺麗事ばかりの絵空事の様なストーリーは視聴意欲が湧かないので、その点は良かった!

絶対的な力を求める欲望は未来も多分無くならないし、
その力の誘惑に勝つことは難しい。
選ばれし最後の人間ゼッドでさえ、その圧倒的な力の前に一時飲み込まれそうになった。

「力」に負ければタスカーに飲み込まれるだけ。「自己は無い」。

結局タスカーを打ち破り、キー・スピリットをそれぞれ分離させる事で世界に平和が戻ったけれど、またこの絶対的な力を求めてキー・スピリットを集める為の争いが始まる可能性は十分にある。

真の力とは何なのか。

その答えを、ゼッドはアミル・ガウルに戦いを挑む事で導きだそうとしました(視聴当初は唐突感があったけれども、時間が無い、と考えれば仕方ない)。
力の誘惑に負けず、正しい道を歩む事、
言葉で言うのは容易いけれど、実はとても困難な事。
だからゼッドはアミル・ガウルと一体化して異世界へ旅立った。

力は希望や勇気を与えるけれど、
過ぎた力は破滅に繋がる。
ヒュー然り。
ネオトピアのハイラル然り。
そして、親友故にゼッドを妬み、タスカーの力を手に入れる為に救世主になりたかったノアも然り。

とにかくどんでん返しで先の読めない展開に惹きつけられた作品としては、ここ数年では群を抜いていたと思います。
その悪いのが同じ井上脚本の【仮面ライダー555】だとすれば、これは良かった例(とはいえ、私は555は大好きだったのですが・・・)。

特筆すべきは、
ミッキーの師匠デュマスの真意、
実は中ボスだったヒュー、
ノアの豹変、
ゼッドの母のアミル・ガウルへの執着。

突っ込みドコロもありますが、
半年間の放映でさえ総集編を何度も入れる作品が多い中、一年間総集編を入れずに放映した事に拍手!

“テレビシリーズ”と言うからには、テレビ以外の媒体も構想中なのかもしれません。
もしそうならとても楽しみです。
スポンサーサイト
別窓 | 牙-KIBA- | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  138

アニメ【NARUTO】感想

■225話「風影として…!」3月15日放送
脚本/西園悟 絵コンテ/サトウシンジ 演出/木下ゆうき 演出助手/おおくまネコ。 作画監督/拙者五郎

下忍になった当初のナルトとサクラからは想像がつかないくらい成長した二人。これからはカカシとも対等な立場で任務にあたるのね。にしてもナルトはまだ下忍だってばよ;

画面は切り替わって砂の里に侵入した暁のデイダラと風影・我愛羅の攻防戦。
砂縛柩でデイダラの左手を潰したものの、砂瀑葬送まではいかずに取り逃がしてしまう。ウーム、さすが暁か。つうか、デイダラって腕を失っても平気なのか?

ナルトは里へ帰還したものの即演習場行きだったせいで、大好物の一楽のラーメンはお預けだった訳ね。
カカシ先生奢ってやってくれってばよ(イルカ先生の方が気前いいってばよ;)。
一楽へ向かうナルトとサクラを見送るシーンに、アニメでは自来也が付け足しされていました。自来也ファンの私にはウレシイ(^^)。

我愛羅は風影になったけれど、全ての者に人望で推された訳ではない。
いざとなったとき、里を救うのは里長の役目なので危険度もそれだけ高い。だから人柱力である我愛羅を葬る機会にもなり得るって事で、まだ我愛羅を厄介者だと思っている者には我愛羅の風影就任は一石二鳥なのだ。それと同時にもろ刃の剣でもあるのだけれど。
実の姉テマリと兄のカンクロウの元を離れて任務に就く事は、今までの我愛羅への里の仕打ちを考えれば辛いだけなのだが、それでも『他者とのつながりを持つには、自らが努力し、道を切り拓く』方が、たとえ道は険しくともただ待つだけよりも良いと判断したのでしょう。
その決心の程が分かっているから、カンクロウは我愛羅が今後人を傷つけたり里を窮地へ追いやる事は無い、と言ったのです。

回りも、我愛羅だけに戦わせて傍観者でいるのはヤメロ~~!なす術が無い、って言った方が合っているかな。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  137

アニメ【NARUTO】感想

■224話「砂の人柱力」2007年3月1日放映
脚本/西園悟 絵コンテ/福田きよむ 演出/福田きよむ 作画監督/Eum Ik Hyun

ついに裏の裏をかいてナルトとサクラはカカシから鈴を奪い取りました。
第7班結成当初と違って修行の成果を見せる今度の演習は、ナルトの成長ぶりをカカシに限らず視聴者にもいかに認識させるか、という事なので危なっかしさは感じられなくて楽に期待しながら観ていられるのが良かったです。
アニメではそれと対比させる為でしょうか、サソリやデイダラら暁を砂の里へ侵入させ、ナルトらとは逆に不穏な感じを抱かせ対比させています。
暁の、砂の里侵入は、原作では昼間の出来事の様な気がしていましたが画面が暗いので夜の様です。アニメの演出の効果、これは大きいです。
また、デイダラの乗っている鳥の動きと攻撃もアニメだとより分かりやすいです。特に我愛羅の操る砂の動きはアニメならでは。砂の質感が良く出ています。

【NARUTO】では、強敵が次々と出て来るのですが、その時戦っている相手以上に強い相手はいないのではないか、とその時は思ってしまいます。時は流れているので経過中はさほど感じませんが、振り返ってみればどれもツワモノ相手なので、生き残っているだけでもかなりの経験を積んでいるわけです。ナルトも強くなる筈だわ。

新章疾風伝になって、音楽も新曲がぞくぞく・・・と思ったら 刃-yaiba- になっていました。六三四プロジェクトとメンバーが被っているので、雰囲気は残っていますが、ロック色の方が濃くなった気がします♪
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。