WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  65

アニメ【デジモン セイバーズ】感想

第4話【デジモン セイバーズ】感想

楽しいですねぇ、セイバーズvv
大、義務教育中なんだから学校へ行かなくちゃダメ、とか、
通信販売で銀行の金庫が開けられるデータの読み取り機が買えるのか、とか、
ラスト、トーマはどこに隠れていたのか、とかもうどーでもいいくらい楽しいですvv
気になるのが自動車の描写があまりにもオソ×ツな仕上がり;
それに『めだか銀行』って(^^;)。

第1、2回で警察官役にはなわが出ていましたが、今回ビッグスモールンが銀行強盗役で出てきて、何、お笑い芸人さんを毎回ゲストに呼ぶんですか?

にしても女の子ってしっかりしていますよね。
大の妹の知香、しっかりイケメンにアピールだもんね。でもこういう子って年上からはウケがいいんですよ(^^)。
それはさておき、トーマは家庭の愛情に飢えているのでしょうか。大の家族見て何だか寂しげでした。
大は元気があるから悩みなんかなさそうだけれど、本当は不在の父親の分まで家庭の雰囲気が暗くならない様に頑張っている、的な描写があればトーマと上手くいくきっかけになりそうですね(どういう設定になっているか知らないけれど)。

今週ちょっと気になったのが、ドリモゲモンがデジタルゲートへ逃げ込もうとした時、ガオガモンはトーマの指示を冷静に待っていたところなんです。
やっぱりデジモン独自の判断による行動はDATでは禁止されている様ですね。それがたとえ待ったなしでどう行動すれば良いか(この場合、デジタルゲートに逃げ込むのをいち早く阻止する事でしたが)分っていたとしても。

何かね、もうトーマってば意地になっているとしか思えないんですよ。今までは彼のセオリー通り事が上手く運んでいた様ですしね。取り逃がした、なんて言ったら彼の経歴に汚点が着きそうだし、正反対の大とコンビ組まされるし。
ただ自分の有能さをひけらかそうとするタイプではなさそうだから、理論ではなく感覚や感情など根拠のない行動で切り抜ける大を理解するまでに至っていないのでは?と思ってしまうんですよ。

大は見るからにアツい奴だと分るのですが、トーマもなかなかどーしてアツい奴です。
理論的にはデジタルワールドへ人間が転送されるのは可能でも、実際はどうだか分らないのに「自分の体を張って」立証しようなんて・・・いや、単にデジモンを捕獲しそこなった事から来る意地ですね;

って、もうデジタルワールドへ行っちゃうの?!

ドリモゲモンの進化系ってディグモンだったっけ?
スポンサーサイト
別窓 | デジモン | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  64

アニメ【NARUTO】感想

■第181話 「星影 葬り去られた真実」 4月19日放送
脚本/武上純希 絵コンテ/影山楙倫 演出/福田きよむ 作画監督/Eum lk Hyoun

葬り去られた真実 ―
三代目星影が存命だった頃、あまりにも人体に負担がかかりすぎる星を使っての修行を止めさせようと、星を盗み抜け忍となったスマルの両親の過去の真実。
と、
星を使っての修行を禁じた三代目星影をアカホシが暗殺した事でしたね。
スマルの両親は殉死したのではなく、抜け忍となる事を星影じきじきに許され、というか里の外から見守る事が任務な訳ですね。だからナツヒの額あてにキズが付いてなかったのね!

アカホシは、熊隠れの里を五大隠れ里を凌ぐ力を持った里にするという野望の為には、それがたとえ同郷の者の命を縮め、最悪命を落としたとしても何も気が咎めない様子。確かにね、【NARUTO】の世界では忍は「軍事力」なんですけれどね。
まぁ、大国になったとして、そういう里の長に、さてどれだけの人がついてくるのでしょうね。
ただ熊の里の力は他の里と比べたら弱そうですから、外部から攻め込まれた時の防衛力は備わっていなくてはならない訳で、その程度の力は必要不可欠ではないでしょうか。どうも三代目には野望はなさそうだったので、星の力で軍事力の増強を図るくらいは考えていたのでしょう。

里の長の命令ならば、と体を壊してまで修行を続ける子ども達が不憫です。でもアカホシの思いやりのない育成の考え方を知ったらもっと辛いでしょうね。抜け忍者は重罪だしね。里を出る事も許されないし。知らぬが仏とはこの事か。

ナルトがナツヒの作ってくれた食事を「おふくろの味」と言ったのにホロリ。
ラーメンばっかじゃダメだってばよ。

にしても次回予告で次の展開がある程度読めてしまったのですが、結末を楽しみにしたいです。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  63

【デジモン セイバーズ】感想

第3話【デジモンセイバーズ】感想


結構楽しんで見ている自分。
あれ、横手美智子さん脚本はデジモンシリーズでは初めて?
ジャンプ J ブックスで【ヒカルの碁】の小説本を読んで以来、横手さんのファンです。ドラマCDの脚本『それぞれの季節』や『流れ行く情景』も良かったですし、アニメ【NARUTO】でもここぞ!という時の心理描写の回は殆ど横手さんで、横手さんが脚本の回は熱心に観ちゃうなぁ。

余談ですが、今回のセイバーズの舞台は横浜。
こことは別のblogにその考察をupしましたので興味のある方はドウゾ。
ココ
ココ
ココ
ココ
ココ

のっけからのシャワーシーンは誰?
私はてっきり女性キャラかと思いきやトーマでしたね(^^;)。
前シリーズでは中心になる子ども達が小学生だったのに対し、大ら中学生に年齢がupしたのはそれなりに意図があっての事でしょうが、これは乙女視聴者に対するファンサービスなんですか?
私個人としましては隠されたものにこそ妄想が沸くので(笑)、SEE●の様なファンサービスは視聴に対する姿勢や評価がおかしな方向へ行きがちなので、ほどほどにしておいて欲しい所です。

静と動。

相反するキャラを立たせる事でお互いを際立たせようというのは分る。
淑乃は二人の主要少年キャラより年上の様で(自動車が運転できる事からも少なくとも18歳以上だし)、恋愛の範疇というよりもお姉さん的な立ち位置なんでしょうね。ま、デジシリーズに関して言えばCP論争はもう疲れるので個人的願望としてはカップリ無視に徹して欲しい所です。
それよりも折角の新シリーズなのだから、これまでの1~3回目のノリで、明るく楽しいテンポでまさにケンカ番長の気合で大には活躍して欲しいですね。

とはいえ、
謎の老人の存在は無視できん!
老人の釣果の魚なんでしょうか(東京湾のしかも横浜近辺で釣れた魚って食用に適するのか分らないけれど)それを例に出して大にヒントを与えるのはナイスです。
何故デジモンを殴らないと「ブワッと熱く拳がならない」のか謎ですけれど、でもそうならないとアグモンに「欲しいか、コイツが」(///)にならないので(人間×モンは桶って訳ではないですが;)今後解説があるのなら知りたいですね。

科学的な分析とか解明などデータを重視する静に、
いきあたりばったりでも気合でなんとかする動。
相反する二人が今後どう認め合い、協力していくのが見物ですね。

あ、淑乃の口癖「最悪なんですけれど」は、スパーリングで「最悪」と言ったのも含めれば今回は計3回。第1回目からは7回言ったな、とかそんなどーでもいい事も楽しんで見ています。
別窓 | デジモン | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  62

アニメ【NARUTO】感想

■第180話 「秘術 孔雀妙法の代償」 4月12日放送
脚本/武上純希 絵コンテ/にいどめとしや 演出/にいどめとしや 作画監督/兵渡勝

178話から始まった熊の国・星の里編。
やっとストーリーが繋がって来ました。
まず里の星を奪ったのが、死んだと思っていたスマルの母ナツヒで、ナツヒは星の力をコントロールできるほどのすごい忍者で、孔雀妙法を操る。
星を用いた修行の犠牲者が多数出たため、今は亡き三代目星影はそれを使った修行を禁じた。
しかし三代目亡き後、星影代行のアカホシが再び修行を再開し、アカホシも孔雀妙法ケモノを操るまでに至った。しかしアカホシの孔雀妙法はナツヒの比ではない。熊の国を大国にさせたいという野望がアカホシにはあり、その為にはナツヒの力が欠かせないのだ。
ナツヒはもう二度と犠牲者を出さない為にその大元である星を里から奪った、という事か。

修行の末、星の力をコントロールできる忍者を数多く輩出する事がアカホシの狙いだったので、それを禁じた三代目が邪魔だった、という事か。

ただナツヒは里にスマルを残した事をどう思っているのか。
ナツヒが死んだ、と思われていたのは何か意図があるのか。

ちょっと突っ込みたかったのは、アカホシが遣わした鳩。あれ、鳩って夜目が見えたっけか?

星を使った修行は術者の力を極限まで活性化させる、死と隣り合わせの修業であり、それがどれだけ危険だと分っていても星の里の忍者の里を想う気持ちが分るからナルトも修行を止めろとは言えないようですね。
スマルの両親が命を落とした事で(実際はスマルの母は生きていましたが)、悲しみ寂しがっているシーンは三代目火影がイルカを励ますシーンと重なり、そんな演出がアニメがオリジナル脚本になっても本編をないがしろにしていないのだと感じてほっとします。

ところで、このテンプレート、4月から新しくなったEDの『Yellow Moon』にぴったりだと思います(^^)。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  61

アニメ【NARUTO】感想

■第179話 「ナツヒボシ 思い出の子守唄」 4月5日放送
脚本/武上純希 絵コンテ/にいどめとしや 演出/熊谷雅晃 作画監督/金塚泰彦

ナツヒボシ 何故赤い
昨夜悲しい夢を見た
泣いて腫らした赤い目よ

ナツヒボシ 何故迷う
消えた童を探してる
永らかな 悲しい夢を見る


里の星を奪ったのはどうも里に縁のある者で、死んでいたと思われていた者らしい。そしてチャクラを獣の形にしたり羽のかわりにしたりできるかなりの術者。
星(隕石)を修行に使うと体に悪影響をもたらす為禁じられたそうだが、禁じた当時の長が亡くなり再開した事と、スマルの両親が里の外の者に殺された事は何らかの関係がありそうだ。
すごくアカホシが臭う。
星を奪い、特殊忍法“孔雀妙法”を操るこの術者、星を奪うだけでなくスマルまで奪ったとなると星とスマルも何らかの関係があると思われる。
そこで前述の歌の歌詞。
“消えた童”の正体・・・スマルかな?
そして奪いに来た者が“ナツヒボシ”?
別窓 | NARUTO | コメント:7 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  60

アニメ【デジモンセイバーズ】雑感

【デジモンセイバーズ】第一回放送を見ました。
なかなか公式サイトの更新がなかったのですが、今日見て来たらちゃんと更新されていました。
デジモンシリーズとしては5作目ですが、今回スタッフが総入れ替え、って感じでした。
以前の作品からのファンはかなり気になっていたと思います。
キャラデザが中鶴さんじゃないのでそこがまず違うけれど、かえって新鮮に見られました。【トランスフォーマー ギャラクシー フォース】のキャラデザっぽくて私は好きだな。

声は主役の大門大が【SEED】のキラで【マイネリーベ】のカミユなんでどんな感じ?と思っていましたが【うえきの法則】の佐野っぽいテイスト。違和感なかったです(やんちゃは【最遊記】の悟空で視聴済みvv)

アグモン、鼻の穴だけじゃなくて図体もデカッ!(@@)
ヨシノがいい感じ♪
コカトリモンって悪役なのね(^^;)。
新しいと言えば、新しいデジ登場の時、(平田広明さんが説明する)デジモンのデータが無いので、私の様な旧作も見ている者はいいのだけれど新たに見る人には説明があった方がいいかも、とか思ってしまいました。
まだ第一話しか放映されていないので(地域によっては3ヶ月も違う地域もあるそうで)今後の展開は分りませんが、
デジモンを監視している所や舞台が横浜みなとみらい地区と実際にある場所、謎の老人の存在など何となく【テイマーズ】を思いおこしました。

あ、そうそう。
最初に大とアグモンがいがみ合うシーンは『みなとの見える丘公園』、
その後大とアグモンが逃げた場所は『マリンタワー』、
大に無理矢理おごってもらったコーヒーゼリーをヨシノが食べた場所は『山下公園』、
そして夜の『ベイブリッジ』。

それにしても何故大とアグモンがマリンタワーに夜入れたのかが謎(笑)
別窓 | デジモン | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  59

アニメ【NARUTO】感想

■178話「出会い「星」の名を持つ少年」3月29日放送
脚本/武上純希 絵コンテ/奥田誠治 演出/濁川敦 作画監督/Kim Sang Yeob

新たなアニメオリジナルストーリーですね。
熊の国・星の里にまつってある星って隕石なんですが、神秘の力があるためにそれを巡っての攻防って話なんでしょう。
その石からものすごい力を得られる様ですが、それも術者自身が上手くコントロールできなくてはならない様で、そのせいもあって日々精進しているのですね。
上手くコントロールできれば九尾状態のナルトとどっちがすごいのかな?と思いますが、ナルトと違って体内にそのパワーの根元がある訳ではないので、石の保有者の志いかんでその用途が変わってしまうのが厄介です。石を奪った者の目的は何でしょう。言えるのは、ただ石を持っていても使いこなせる訳ではないので、この石から受けたパワーをコントロールできるかなりの熟練者という事になります。

・・・にしても、
熊の国だし、チャクラでできた熊ですか?あれ。

今回は星の里の星影を目指しているスマルにナルトが共感する、という設定らしいです。

石を奪った者の正体と目的、ナルトとスマルの係わり合いを次回以降焦点をあてて視聴していきます。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  58

アニメ【CLUSTER EDGE】感想その②

*** 【CLUSTER EDGE】最終話感想 続 き ***

教団が自分たちに都合の良い神を作ったのは何も初めてではなかったという事は以前から語られていましたが、教団の神は人造人間の強化版って事ですか。
神の力を封じる為には生贄として同じ肉塊から生まれた人造兵が必要・・・え、クロムが犠牲に?!
でもそうならなかったのが救いでした(ほっ・・・)。だってもう自己犠牲の展開は観たくないから。
ベリルの決断もフォンのやり切れなさもクロムの犠牲精神も、全てはアゲートに対する友情から。
その思いを受け止めて銃弾を受けるアゲートはそこで真の「救いの神」になった、という事ですね。それにはセオリー通りの人造兵・天使の血は必要なかった。友への思いが奇跡を起した!
アゲートが光の粒子となった後、まるで戦争など無かったかのように世界は平和に戻ります。
一瞬安易なオチでリセットか?!
とも思いましたが、きちんと描いてくれましたねvv
だって悲しいけれどクロム団1号は帰って来なかったし、カールスの墓前に車椅子で現れたベスビアはまるで魂が抜けたようで、そこでやはりこれはリセットではなかったのだと思いました。
でも学園に戻ったベリルとフォンの頭上に現れた飛行機と地面に舞い降りた「白い」羽で、再びアゲートが復活したのかと期待できるような結末でした。もう「黒い羽」じゃないってところが希望を感じさせました。

で・す・が、
まだまだ私の中では終わっていないのですよ(^^)語られていない部分が沢山ありますしね。

①ベリルの母絡みで掘り下げる
何故ベリルの母が民族爆弾の抗体を持っていたのか。
その辺をもっと掘り下げれば彼女が人間と人造兵の治療を同等に扱ったのは単なる博愛主義からではなかった、とかいくらでも話は広げられます。

②カールスについて掘り下げる
カールスの隠し部屋の写真を切り裂いたのはカールス自身ではないかと思いますが、それは自己嫌悪からか。もしそうなら原因は何か。
で、これが最大の疑問なのですが何故アゲートが降臨した際、攻撃を受け付けなかったのか
父を射殺した後、学校へ入学したいきさつなど。

③天使の肉塊の大元
e.t.c・・・

エマのセリフで、
「これが神の裁きだとしても受け入れる事ができない」
すごく印象深かったです。結局争い事の大元はその思想を受け入れられるか否か、って事が原点だと思うからです。

6月に発売予定のゲーム、パラレルな内容なんでしょうか。

とにかく総集編の分話が進んでいたら、と思うと残念でなりません。
いくらだって続編やパラレルが可能な作品で、続編放映或いはOVAを希望します!
最後に、
こんなにも設定で夢中になった作品は最近では珍しかったです。
本当にありがとうございました!
別窓 | CLUSTER EDGE | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。