WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  8

アニメ【CLUSTER EDGE】第9話感想

■第9話「館の亡霊」2005年11月29日放送
脚本/池田成 絵コンテ/西森章 みなみやすひろ 演出/山本恵 作画監督/高橋章

少しずつ解き明かされつつある登場人物の相関図。
どうやらアゲートもカールスと深い関わりがありそうですね。OPの水槽の中で苦しんでいるのがアゲートだとすれば、クロムだけでなく、アゲートもカールスが関与した人造人間の路線が強い。だとすれば彼アゲートが超人的なのも納得がいく。さて、どう展開されるのか。

今回、ベスビアの本心を垣間見た気がしました。

以前エマに(3話だったか)語るシーンで、ベスビアがカールスに対しライバル視以上に憎悪している描写となっていたが、今回を見て単なる憎悪でないのが良く分りました。
カールスに対する尊敬の念を素直に受け入れられたのがエマで、
受け入れられないのがベスビアなのだと。
憎しみは愛情の裏返しとも言うが、ベスビアも然り。
カールスの存在をエマ以上に意識していたにも関わらず、カールスはエマに友情を感じていた、とベスビアは捉えている。カールスが死んでも尚ベスビアが執着しているのが哀れでならない。と言うのも、生きていれば追い越す可能性がゼロではない。だがその対象(カールス)がこの世にないのにまだ固執するのは呪縛とも取れる。死んで更に遠い存在となったカールス。

動じないカールスの祖母の態度と比較すると、下品で資産横領を企むカールスの叔母夫妻の行動がとても滑稽に見える。ただ、カールスの祖母は本当に目が見えないのか・・・?
スポンサーサイト
別窓 | CLUSTER EDGE | コメント:0 | トラックバック:3
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  7

アニメ【NARUTO】第161話感想

■第161話 「珍客見参 碧の野獣?猛獣?…珍獣?」 11月23日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/にいどめとしや 演出/剛田隼人 作画監督/津田昭宏 斎藤新明

うーむ、アニメオリジナルストーリーはいつまで続くのでしょうね?

ガイとリーの二人になりすました偽者モンダイ・ガイとポッチャ・リー・・・って誰だって違い分かるだろッ!そして「誰もだまされないだろう」と思いつつもナルトだけ信じてしまう展開もベタ過ぎて笑える(オイオイ)。
命のカレーのカタバミ金山編のキャラの壊れ具合も笑ったけれど(特にリーの壊れ様はスゴかった!ネジすらも壊れ気味だったし)、今回もスタッフが思いっきり遊んでいましたね。本物のガイとリーに吹っ飛ばされる偽者二人の退場シーンはポケモンのロケット団かと思っちゃいましたよ(^^;)。
肥溜めかつぎのシーン・・・下ネタの類いは映画の大うん動会と本誌初のおゲレツ野郎サイだけで十分だなぁ。しかも食事中だったもんなぁ(これはこちらの事情かもしれないけれど 苦笑)。サイは本誌で、下ネタ吐くキャラとしてお初だし、これからの展開が気になるので(キャラ設定も気になる)サイのおゲレツさは仕方ないとして、アニメでは今後下ネタは観たくないですね~。下ネタで笑い取れるのは1回だからいいのよ。

にしても、遊びココロは満載で、
序盤、偽者の二人が木ノ葉の里へ入ったシーンで過去に出てきたキャラが何人か出てきていましたvvざっと確認しただけで
スズメバチ、
森乃イビキ、
ゲンマ、
ライドウ、
山椒ばあさん、
テウチ、
イナリ、
イナリの母
が出ていました(^^)。

別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  6

アニメ【CLUSTER EDGE】感想

■第8話「生徒会選挙」2005年11月23日放送
脚本/池田成 絵コンテ/まついひとゆき 池田成 演出/吉村章 作画監督/米山浩平 池田有

何と言おうと、今期視聴作品では一番です!少女期の高揚を思い出しますよ~(^^)。

時代設定が20世紀初頭っぽいので気になってちょっくら公式を見てきたのですが、お話の世界ですがそれっぽく見せている様ですね。お話でありながら全くの創作にしないで少しリアリティを持たせる事で親近感を覚えます。

名門校『クラスターE.A.』の生徒会長選挙の話。

卒業後の将来を約束されているのに、ここで会長になれば国の重要なポストに就く事にも等しいそうで。
周り全てが上級生の中、最年少のベリルが立候補するが、それは母への思い遣りから。一個人のためにというのが凄いし、野望のカケラもないところがもっと凄い。女性の立場って厳しいものだったのですね。

誰もが自分を強くアピールする中、元々冷めた所があるベリルは他の立候補者に比べて若いせいもあって注目度が低い。彼を憧れとするフォン一人奔走しても(いや正確にはアゲートもそうだし、ベリルの執事もそうなんだけれど)勝ち目はないなぁ、と。
ちょっと強引だったと思うのが、ビラを散布するために飛行機を分捕ったところ。また、
飛行機が墜落するシーンにベリルが居合わせたのが少し説明不足だったかなぁ、と。
まぁ飛行機を分捕ったのはこのままでは勝ち目がないと思ったからこその行動で、
ベリルが居合わせたのは、会場から事故現場が近くだったからかも、と良い様に解釈していますけれどvv

アゲート、あんた忍者だったんかいッ!
と水面に立つアゲートを見て突っ込み入れそうになりましたよ(^^;)。でもそれはアゲートが『奇蹟を呼ぶ』人物だからなんでしょうね。

原作がLaLa連載という事が作品の大きな保障といいますか、益々今後の展開が楽しみになって来ました♪
別窓 | CLUSTER EDGE | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  5

アニメ【CLUSTER EDGE】感想

第7話「過去への旅」2005年11月15日放送
脚本・構成/大野木寛 演出・編集/小倉史科 原画/佐光幸恵 作画監督/菱沼義仁

人造兵も人間と変わらないという意識に変えていかなければならない。
『誰か』ではなく、『自分たち』で。

OPで息が苦しくなった表情をしたのはアゲートだったのですね!?

エマの記憶を辿るという手法で、主要人物の過去が少し明かされた回でした。
サンライズは最近、【ガンダム SEED DESTINY】でバンクの使い過ぎが話題となりましたが、記憶を辿る事でバンクと加筆を織り交ぜたこの作品のこの回と総集編とは明らかに違うと感じました。忘れかけた部分もあったので必要不可欠だったなぁ、と。

同じサンライズ作品で【舞-乙HiME】が男性向け作品とすれば、この【CLUSTER EDGE】は女性が十分楽しめる作品となっている気がします。それはBL作品として女性向けという意味ではありません。
ちらっと見た印象が『薔薇の香りがしそうだから視聴をヤメた』という男性視聴者は勿体無い事をしましたね(苦笑)。お話はBLではなく真面目で人権や人格に関してでしょう。

『薔薇の香りがする』と誤解された要因は女性が好みそうな作画からだと思いますが、
ともすればとてもシリアスになる話を登場人物を美しく描く事で緩和しているとも受け取れます。暴行シーンなど極限まで配慮されている事からそう感じます。

掲載は少女漫画雑誌【LaLa】ですが、今は講読していないので分かりませんが【LaLa】は昔とてもレベルの高い作品を輩出していた雑誌だったので、過去の信頼から期待は裏切らないかと。サンライズ原案の企画モノなのでしょう。
また原作が矢立肇さんと池田成さんで男性という事から考えてもBLではないと思います。
女性視聴者にとっては登場するのが男性ばかりというところも魅力ではありますが(笑)。

今回点と点だった主要人物達の過去を線で結び、過去からの非人道的な風潮を一人の少年の登場を機会に革新していきそうな予感がします。
人造兵がどこまで人工的なのかまだはっきり分りませんが、同じサンライズ作品、今回脚本を担当されている大野木さんが両作品に関わっているせいでしょうか、生命を操作するという点においてDESTINY計画とオーバーラップします。

まだお話は始まったばかりなので、見守って行きたいです。
そしてDESTINYで発揮できなかったものをこの作品で求めたいです。
別窓 | CLUSTER EDGE | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  4

アニメ【NARUTO】第160話感想

■第160話 「獲るか獲られるか!?オッケー寺の決斗」 11月16日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/にいどめとしや 演出/林有紀 作画監督/ウクレレ善似郎

前後編だったのですね、石の国編。
今回の構成は【ワンピース】の様に、敵側に同情する描写をしなかった事で、
悪の根元=五寸釘
理不尽な扱いを受けた人=サザナミ(刀吉)
ぶっ飛ばす人=ナルト
という図式だったのではないのかと。

敵対する側に、どうして悪になってしまったのかという描写をしてしまうと、ストーリーに深みや厚みは出ても倒された時に爽快感は残らないのですよ。感情移入するし同情する場合もあるので。
ここは「何が何でもコイツが悪い⇒だからぶっ飛ばす⇒勧善懲悪!」という方が単純かもしれないけれどスッキリします。

特にデュランダル議長がああだったので(しつこいなぁ;)、作品違いますが、疑い晴れて一件落着な結末は個人的に救われました(苦笑)。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  3

【ガン×ソード】感想

【ガン×ソード】公式より

ガン×ソード】第20話 「ワンダフル・ユニバース」11月14日放送

うわ~~~、ドコまで行ってもキラとフレイの呪縛からは逃れられないのねん;ファサリナのCVが桑島さんでファサリナの髪が赤かったらトラウマですね、こりゃ。
つか、ファサリナは既に逝っちゃってますね。
同志の為ならば体も張るんだわ。
あの熱に浮かされた様に紅潮した頬が語っていました。
んでもって純真なキラ ミハエルは術中に嵌っているとは思いもしないでファサリナの行為が「愛ゆえに」とか勘違いしちゃっているんだろうなーーー(いや、「同志への愛ゆえに」で間違いはないのですが)。

ミハエルにキラ投影している女性視聴者の方・・・お気の毒デス(たね)。

最初の頃の娯楽色が段々薄れてきました。

画像は【ガン×ソード】公式サイトより
無償で書いているものなので利益は発生しません。画像引用は常識の範囲内での使用を心掛けていますが、もし著作権に抵触する様でしたらご一報下さいませ。

別窓 | アニメ感想 | コメント:3 | トラックバック:1
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  1

変更しました!

これからアニメ、漫画の感想をこちらへ移そうと思います。
よろしくお願いいたします。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。