WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  56

アニメ【よみがえる空】感想

最終話「レスキュー」2006年3月26日放送

「やり甲斐」「生き甲斐」を自衛隊レスキューを通して描いた作品なんだと思いました。
一宏の彼女、めぐみの仕事と冬山遭難とどう関係があるのか、前回ではピンと来なかったのですが、困難な仕事が報われ結実した時の達成感、物事に対する姿勢如何で心が「生き」もし、自分の心持ち次第で死んだような気持ちが「よみがえる」のだと。

生き残った者は命の重みを感じながら、時に困難さを伴い生きていかねばならない。
「生きて行くのはなかなか厄介」
というのは、登山パーティの唯一の生存者のみを指したのではなく、私達生きている者全てを指しているのだと思います。
仕事に限らず、拒絶したり批判的な感情になってしまうのは自分の物事の捉え方にも問題がある。問題が他ではなく自己の中にこそあるのだと気づいた瞬間原因が分り心が晴れて行く。

タイトルの「よみがえる空」の意味が分かりました!
自分の意にそぐわない配属転換によって空(他)から拒絶されていたと思っていたものが、実は自分自身が拒絶していて、現在の勤務で「他を生かす為に」自分の存在意義を見出せれば、そこにも同じように生き甲斐・やり甲斐はあるのだと。

一宏ら救急救命士と関わる事で、自分の進むべき道を決めた悟。
自分の進路に影響を与える人物と、人はどれだけ出会えるのだろう。

男性向け萌えアニメが多い中とても好感が持てる硬派なアニメで、この存在は貴重だと思います。
観て良かったな、と思える作品でした。
スポンサーサイト
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  53

アニメ【よみがえる空】感想

第11話「ビバーク」2006年3月19日放送

つい先だってまでドラマの【氷壁】を見ていたので、何だか気分的に落ち着かない展開でした。作品の良し悪し、ではなく。
避難するつもりではないのですが、登山での遭難は天災で被害を受けた方々とは少し違う印象を持っています。
同じ遭難者の家族でありながら、リーダーの恒松の両親に向けられる視線は厳しいものがありました。そこに代弁されているかと。
それでも本郷の「(救難救助隊の仕事は)生死の詮索をする事ではなく、見つけ出し、助け出す事」という仕事に対する姿勢に救いを求めてしまいます。

テントを持たない山岳パーティのメンバーはこのサブタイトル通り、吹雪の中野営(ビバーク)を余儀なくさせられる(えーっと、「のえい」じゃなくて「やえい」ですよね?ビバークの和訳「野営」と「野宿~じゅく」と混ざってない?)。
カンテラの光が救出という『光明』を示唆している様で、強風に曝される度にその『希望』が断たれるのではないかと冷や冷やしました。
発見されるも既に命を落とした者、
そして待ちに待った救出の手が差し伸べられるも悪天候で断念される様を目の当りにする遭難者。
次週の結末が気になります。
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  50

アニメ【よみがえる空】感想

第10話「パーティー」2006年3月12日放送

前回、自分が救出される側となり、一宏も大きく成長した様です。あの冷静さは見事でした。
以前はおぼつかなかった訓練中のヘリの操縦も、だいぶん板に付いて来ました。
入隊直後からずっと見守り続けてきた本郷には、一宏の成長ぶりはすごくよく分るのでしょう。
で、今回自宅へ招いて鍋パーティーとなった訳ですが。

えーっと・・・
留守番させるのはいいとして、小学一年生の女の子が、家の人が留守なのに面識のない、しかも男性を家へ入れていいものだろうかとちと気になりました。
だって、鍋の材料のメインである蟹は予め送られて来たからあった訳だし。その他の具材を買いに行ったにしても、
突然一宏を呼び出した訳じゃないのだから、
いくら部下とはいえ、招いた側が留守にするのは失礼なのでは?とか思っちゃった訳です。

一宏の手土産で、初回ういろうを持って来た気のきかなさを思い出しましたが、今回のビールはクリアした、って事ですよね(笑)。これも成長か。

鬼軍曹本郷の、娘あつこを前にした顔のほころびは、勤務中の仕事に取り組む姿勢と好対照で、仕事には厳しいが家庭ではすごく娘を愛しているという感じが出ていましたvv
最近は上司が気軽に部下を呼ぶ事が少なくなって来ている気がしますが(特に都心は住宅事情で)、結局は家に招いてくれるか否かは奥さんにかかっているのですよ。
奥様のみどりさんは、本当に本郷さんをよく理解していますよね。
「いじめられているでしょう?」
って、そう言われてしまうと、たとえそうでも言われた側はは強くは言えないですよ(苦笑)。
目の中に入れても痛くない程可愛い娘と、美人で良き理解者である妻を持つ本郷。
誰だって一国一城の主になれば責任感を持つだろうけれど、常に危険で死と隣合わせの救急救命士は、家族の存在は支えよりもむしろ命を落とした後どうなるか考えたら重くなると考えられます。家族を遺して先に行ってしまうかもしれない、責任の重さです。

今回のサブタイトル“パーティー”とは、所謂“宴会”と登山の一行“パーティー”、仕事の“関係者”など様々な意味をかけているのでしょうね。
めぐみの仕事と救助と、何か関係があるのか気になります。
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  47

アニメ【よみがえる空】

第9話「少年の旅路(後編)」2006年3月5日放送

前回の続き。

相変わらずのチンピラあんちゃんの愚痴と悪態に辟易(ーー)。
それとは対照的に終始冷静な一宏。
さすがといえばさすがなのですが、ここへ来て一宏のプロとしての成長ぶりが覗えたのは頼もしい限り。
ゴンドラのアームが片方外れた時から息をのむ展開。一時も目が離せません。
一宏は命を落としはしないだろうと思いつつも緊張感が走りました。

偶然居合わせた9人の不安定な状態(不安定でない人もいましたが)はまさにゴンドラそのものの様です。そんな死と隣合わせな状況で人を思い遣れる心は尊いと思いました。
恐怖は連鎖するから、まず安心させ平静を保とうとしたのかもしれません。

恐怖を紛らわせる為に携帯で愚痴ろうとするチンピラ。
そのチンピラに喝を入れる彼女。
不安がる老夫妻。
自分の安否を一言だけでも知らせたいと願う老女に、すぐに脱出できると励ます一宏。
新しい母に馴染めない不満と不安とで父親や継母を困らす少年。
少年を優しく諭す継母。
そして、少年の気を紛らわそうとミニカーを手渡す悟。

様々な救出を試みるも失敗に終わり、いよいよ万策尽きたか・・・というところで鬼軍曹の登場!いよッ、待っていましたぁ!
『おっかないやつ』と言いつつ、その表情は明るい一宏。
ゴンドラが落ちるのは時間の問題と言われているのに「内田を飛び降ろさせて軽くするか」なんて、冷静にブラックユーモアをかます『おっかないヤツ』(笑)。
もう一宏は本郷を信頼しているのですね。そして本郷も一宏を今では隊の一員と認めた様です。
すごく大変で困難な任務だと思うのですが、本郷の姿を見たらなんだか大船に乗った気分になり、一気にほっとしたのは私だけ?

ラスト、心配しながらも優しい言葉をかけなかった悟の父。
でも彼の片ちんばでしかもつっかけサンダル姿に、彼なりに心配して慌てて駆けつけたのだという事が分りました。

悟はラーメン店のテレビで今日のニュースを見る事で我にかえり、父に手渡された替えのレンゲでラーメンをすすり、やっと今自分は生きているという実感が湧いたのかもしれません。
今回の出来事をきっかけに、彼の人生に何らかの変化をもたらす事は間違いないでしょう。

とても良いお話でした。
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  44

アニメ【よみがえる空】感想

第8話「少年の旅路(前編)」2006年2月26日放送

前後編ものの前編。
来年は大学受験、という男子高校生吉岡悟(だよね)。
彼は進路よりも、日常そのものにやる気を失っている様に感じます。
ただ何となく、通学に使っている自転車で山道を上って来て、内田と鈴木に出会った。
テンポ(調子?)の良い鈴木の誘いに乗ってしまったのが、今後の彼の人生を大きく変える予感がします。

少年山口幸太(だよね)と、その父と新しく来た継母。
老夫婦。
ヤンキー(?)と口説き落とされた彼女。
何の接点もなかった人達が一つの閉ざされた空間に居合わせるという偶然。
運命を共にする死と隣り合わせの共同体。
バラバラの彼等が救出によって心を一つにする、という予感を感じる。

短いですが今回の感想というか予感です(^^;)。

トリノ五輪中継延長の影響で最大で80分繰り下げになる可能性があったのですね~;無事に見られて良かったデス。

次回の後編の展開が楽しみです。
焦点は幸太が継母を新しい母と認めるのか、
ヤンキーの態度が改まるのか、
悟はやる気・希望を見出せるのか。

そして、一番の注目は一宏の救出手段です!
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  41

アニメ【よみがえる空】感想

第7話「Bright Side of Life(後編)」2006年2月19日放送

前回の続き。
記念すべき一宏の初の海難救助出動。本来の仕事です。
いざ現場へ出向くと「助けたい一心でミスが目立って」しまう。
一宏の上司の本郷は、今回の件で自分の千歳での過去を重さね合わせて見ていましたね。同じ機体に乗っていながら一方は助かり一方は助からない、。大変な目に遇いながら助かっても素直に喜べない、一言では言い表せない複雑な思いです。
一瞬の不注意が命取りになるのは整備士もパイロットも同じ。数々の困難さを経験して来た人達の言葉は生きた教訓ですよね。

●暗
所有者の心臓が止まっても刻み続ける腕時計。覚悟した上の就職だったのでしょうが、何とも遣る瀬無いですね。

〇明
事故に遭難して助けてくれた人が天使に見えた・・・容貌は関係ないですね(すまん)。元気になったら心行くまで祝杯をあげたいですよね。

本郷と同乗し命を落とした同僚の出棺でかかっていた『ひょっこりひょうたん島』。それをカラオケの曲として選んだ本郷の真相は哀悼の意味もあったでしょうが、彼の中で一つの区切りをつけた、そんな感じがしました。一緒にデュエットする一宏は本郷が何故この曲を選んだのか、この時知る由もないでしょうが。

ところでこの事故の直後、一宏と話していた小坂隆って、一宏と同期のエリートパイロットでしたよね。
小松基地に配属となった直後は、同じ道を目指していながら救難へ配属となった一宏にかなり優越感を抱いていた、という描写でしたが、危険を伴う仕事だと実感したのでしょう、今回は心の底から頼りにしている、という描写に変わりました。

真剣勝負で私的な事(携帯電話やメール)を挟めない状況を分っていて、留守番メッセージに伝言を入れるめぐみの優しさが心に沁みます。対する一宏の返信メールは任務の結果と疲れた、という味気ないものでしたが、一宏にはそれしか言えなかったのも分ります。今後彼らの関係を続けられるか否かは双方の「思いやり」にかかっているのでしょう。

帰省時に救助隊の職業に迷いがあった一宏も今回の任務で腹を括ったようです。
迷いが吹っ切れた事を察して、ご両親がひとまずほっとしたところが良かったです。
彼もまた一区切りついたようですね。

それにしても今回のサブタイトル、Bright Side of Life、皮肉にも取れる意味深なものでした。
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  38

アニメ【よみがえる空】感想

第6話「Bright Side of Life(前編)」2006年2月12日放送

しかし何で新聞の番組欄は“甦る”なのかな。

お盆の帰省でやっとふたりの時間を取れるようになった一宏とめぐみ。遠距離恋愛の危機も少し緩和でしょうか。

しかし話のポイントはそこではないのです。
一宏の甘さがまた出ていました。めぐみも一宏を腰を据えていないと感じています(^^;)。めぐみの方が一宏の事をよく分かっていますよね。本郷さんの奥さんもできそうな人ですがめぐみもなかなかです。

☆『ほんまもんの仕事』って?
一宏の説明によると、
救難隊の仕事は航空自衛隊が墜落の際、隊員の命を救うために本来はあるとの事。
だから災害出動は本来の仕事ではなく、いわばサイドビジネスなんだそうで。
か~~~~~ッ、だから本郷鬼軍曹に甘いと言われちゃうんですね。

今回お話の出だしがいつもとは違い、本郷の過去の話からでした。
出動中同僚を事故で失った本郷はF転されて現配置に。
避けられなかった事だと周りも言っているし、上司もF転の理由は事故とは直接関係ない、と言っていました。
この回では真相は分かりません。
でも亡くなった同僚の息子の態度がすべてを物語っていると思いました。
同僚の奥さんはもしも・・・の事を想定していなかった訳ではないと思います。だから画面上では取り乱す様な描写はなかった。でも子どもは違います。
理由が何にせよ、父親を失った事が重大なのですから。

今迄も本郷と一宏の関わり方を見てきて、これがただの新人いびりではないと思っていましたが、これほどまでに主人公ではない人物(しかもオジサン>失礼;)にスポットを当てるとは、丁寧な作りに感激です。

本郷は自分の経験からごく当たり前の事を一宏に伝えているだけですが、一宏がどれだけそれに応えられ成長していくのかが視聴の見所。
今回嬉しかったのが、一宏が配属初日に浮ついた気持ちを一喝されたのに、今ではきちんと「一隊員として」本郷に思われているところ(まだ「認める」まではいかないようです)。
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  35

アニメ【よみがえる空】感想

第5話「必要なこと」2006年2月5日放送

本郷は一宏を気にかけているんですね。

最初はどこか浮ついた感じの一宏に喝を入れるつもりだったのでしょうが、
今は一人前になってもらいたいという感じが受け止められます。
任務を離れ、家庭に戻れば優しい父の顔になる描写を1度ならず2度までも入れた演出の狙いを考えると、ただの鬼軍曹ではない事が分ります。本郷は公私をきちんと分けている。

頭では分っていても行動に移す事は難しい。

そんな事は一宏でなくともよくある事ですが、
それが人の命を預かる仕事だと失敗は許されないので、かなり精神的にキツい。鍛錬を兼ねた山岳救助隊との訓練だったのですが、そこで遭遇した老夫人の救出がホバリングの技術のみならず連携する仲間との信頼関係を得た様に思いました。
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  32

アニメ【よみがえる空】感想

第4話「大切な人」2006年1月29日放送

硬派なきちんとしたストーリーなので「何故深夜?」思っていましたが、今回はラブロマンスでしたね。

3話までの感触から行くと一宏の、配属された部署での成長ストーリーかな、と思っていたので、めぐみとの関係はさらりとやっていただいたいものです。

にしても、
自分の希望通りにいかない(希望通りに行く人の方が稀)、自己嫌悪で腐った一宏に救いの手はあった、って展開はやはりお話ならではの良さです。

めぐみは一宏の後輩ですが、
彼女の方が精神年齢が上だと思いました。
めぐみは自分が編集を希望していたのに、新人はまず営業から、という希望していなかった配属にも彼女なりに頑張っていたのです。
業種が違うし、一概に比べることはできませんが、与えられた仕事に対する向き合い方が全然違う。
めぐみは書肆勤務なので、回想でサンデグジュペリが出て来たり、『ライ麦畑でつかまえて』を引用に出すくらい読書家なのでしょう。
様々な本と出会って彼女なりの考え方を構築していき、持って生まれた性格もあるかもしれませんが柔軟性があります。それに比べると一宏はとらわれていてコチコチです。

私を抱いたら、以前の一宏に戻るのだろうか?

とはめぐみのセリフですが、
ボディーランゲージはカップルの切り札ですよ!!!
今の彼らの一番の不安要素は「仕事」であって、「彼ら自身の関係」ではないから今回は上手くいった。
不安な時、落ち込んだ時、自分の存在を認め励ましてくれる人を求めがち。
若い一宏にとってはそれは家族以外のめぐみが大きな存在なのだ。

一宏に別れ際、半ば押し付ける(笑)様に手渡した携帯。
勿論それは携帯を持つ事を嫌がった一宏を知り尽くしてのめぐみの行動だったのだが、
「離れていても繋がっている」
と感じさせるいわば精神安定剤とでもいえよう。

にしても口止めをお願いしていたのに白拍子さんのバカァ>by一宏@心の叫び(笑)。
でもからかわれながらも一宏も隊の一員として認められたって事ですね。
これは「おえん」じゃなかったよね(笑)。
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  28

アニメ【よみがえる空】感想

第3話「苦しい仕事」 2006年1月22日放送

本当に、ストーリー、作画共に丁寧に作ってあります。

前回、内田が猫を助けた事で鬼軍曹に怒られると思ったのですが、その事では怒られませんでした。それを含むもっと包括的な事で注意されましたが。

避難して助かった命を失う事になり、自分を責める内田。
「一個人」として心情的には同意できるけれど、「仕事」となれば別。
それはヘリの燃料が少なくなった時、本郷へ内田が言った事に対しての同僚の言葉にありました。
本郷(救急救命士)は一人ではなく、八人(全員の命)を預かっている、という事。

言い方がそっけないので真っ直ぐ伝わりにくいかもしれませんが、しごくごもっともな事を本郷は言っているのです。
「安請け合いはするな」
内田でなくとも、励まそうと何か一言声を掛けたくなるのが人情。しかし予測できない緊急事態で「必ず」はないのでしょう。

生死の際に立ち、理性(勿論技術も伴います)をコントロールして最善を尽くし、失敗が許されないレスキュー隊に長く身を置く本郷に内田の経験不足と青さは目に余るものがあるのでしょう。
でも「どんな小さなものでも尊い命を助けたい」という、根本的な「初心」を思い起こすのが内田なのかもしれません。

停電で、搬送先の病院が分らなくなった時、車のヘッドライトで照らすシーンに感動しました。
しかし、ショック症(恥ずかしながら、初めて知りました)を起したさくらは助からなかった・・・
この辺り、単なる感動モノの話にせず、あえてつらい結末にした脚本にエールを送りたいと思います。
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| WIND OF MOON | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。